津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春

津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春

 昨晩は岐阜県の御代桜醸造株式会社さんが醸す、津島屋(つしまや)外伝「純米大吟醸」四十一才の春をいただきました。

 毎年、杜氏の酒向博昭さんの年齢を刻んでいくこのお酒は、「出品酒に神経をすり減らすより、皆さんに飲んでいただける一般の酒に愛情を注ぎたい。」と考える酒向杜氏自身がもっとも飲みたい、飲んでいただきたいお酒を具現化した商品です。

 先日の「岐阜の地酒に酔う」というイベントでも試飲させていただきましたが、レベルの高い岐阜の吟醸の中でもこの「四十一才の春」はもっとも好みのお酒でした。私だけでなく由紀の酒突撃隊長のMASAさんも同様の感想でしたので、酒質の高さが伺えます。

 味わいのある題字は岐阜市生まれ、岐阜県各務原市在住の書家、遠藤泉女さんの作品です。ラベルの題字の横に押してある落款は「泉」だそうです。

裏ラベルには・・・

当家創業時の屋号である「津島屋」は日本酒の限りない可能性への新たなる挑戦と、酒縁への感謝のこころの結晶です。私、杜氏酒向の年齢を刻む春の新酒は、本年も無事に醸し上げることが出来た慶びに溢れます。

 と書かれています。自宅でじっくり飲む前に確認できているので、安心して開栓できます。

 いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。夏の訪れを待ち望むかのような、晴れ渡った春の青空のように綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は、心地良く華やかに林檎を思わせるように香ります。嫌みなほどの強さでは決してなく、鼻腔をくすぐるかのような上品な香りです。我が家好みのいい香りが出ています。

 含むと、……、ナイス!。グッジョブ!。何とも美しいほのかな甘味。酸の押し出しがない分、味わいも上品で香りからのストーリーを感じます。いい酒だなぁ。

 もう一度注意深く含む。何か落ち着く。いかにも争いを好まないと言う穏やかな性格が伺える。いつも心に余裕があり、リラックスさせてくれます。旨いっす。



津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒 データ

醸造元 御代桜醸造株式会社(岐阜県美濃加茂市)
使用米 契約栽培山田錦50%精米
アルコール度 15度
仕込水 木曽川伏流水(硬度40・軟水)
杜氏 酒向博昭
製造年月 2017/03
容量 720ml
価格 1,900円(税別)
購入 酒のひろせ

津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 岐阜県 > 津島屋(つしまや)御代桜醸造株式会社

御代桜醸造株式会社さんオフィシャルサイト

津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒に関するブログ

2017/04/10 津島屋(つしまや)「特別純米」播州産山田錦木漏れ日無濾過生原酒

2017/04/06 津島屋(つしまや)「純米吟醸」廣島産八反錦無濾過生原酒

2017/04/04 津島屋(つしまや)「純米」石狩産吟風無濾過生原酒

2013/06/03 津島屋(つしまや)「純米大吟醸」窮め山田錦無濾過生原酒



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。