天狗舞(てんぐまい)「純米」吟仕込白山菊酒

シェアする

天狗舞(てんぐまい)「純米」吟仕込白山菊酒

 昨晩は石川県の株式会社車多酒造さんが醸す、天狗舞(てんぐまい)「純米」吟仕込白山菊酒をいただきました。

 上立ち香は、比較的華やかでラムネを思わせると言うか芳香族感。開栓したての雰囲気バリバリなので、少し空気に触れてからの方が香りも落ち着く。落ち着いてからは、甘味を伴うかのような白桃の香り。

 含むと、バナナ様の含み香が鼻に抜け・・・、おおお、これこれ。決して甘くない。いやしかし辛いわけでもない。そして後から出てくる円みのある旨み、何という安心感。これぞ天狗舞!。クラシカルな印象ながら、食との相性を探る段階になると、これが最先端なのかもしれないと思わせる。何種類かの酒だけの利き酒だと埋もれてしまうかもしれないが、記憶にとどめておきたい円い旨み。後半は余韻も楽しめるが短めなのも好印象で、手が勝手に次を注いでいる。旨いっす。

 次に人肌まで燗をつけてみました。これか~、この温度だ。甘いわけでも、辛いわけでもないといった印象はそのままながら、冷酒の時に最初に感じたソリッドなイメージはなくなり、最初から円い。そして口中のぬくもりが消える頃には、その味わいも収束している。危険なヤツやわ・・・これ。

白山菊酒とは

 さて白山菊酒(はくさんきくさけ)とは、どのようなものか?、気になったので調べてみました。

白山菊酒呼称統制機構 (The Organization Hakusan Kikusake Appellation Control)
 石川県白山市(霊峰白山の麓・手取川沿岸地域)に位置する5つの酒造メーカーによって構成されています。
高砂(たかさご)株式会社金谷酒造店
菊姫(きくひめ)菊姫合資会社
萬歳楽(まんざいらく)株式会社小堀酒造店
天狗舞(てんぐまい)株式会社車多酒造
手取川(てどりがわ)株式会社吉田酒造店

白山菊酒の目的

 白山の名水を用いて醸される高名な加賀菊酒の伝統を受け継ぎ、本物の清酒を生み出す銘醸地としてさらに発展し、高品質と個性を保ちつつ味わいの向上と顧客満足の向上を図る。

白山菊酒の品質基準

1.「加賀菊酒」の伝統を受け継ぎ、「こく豊かで品格ある風味」をコンセプトとし、各蔵元の個性が活きた清酒であること。
2.白山市内で醸造し瓶詰めしたものであること。
3.原料水は、白山・手取川水系の自家井戸から採取したものであること。
4.原料米は、国産の格付け一等以上の酒造好適米のみを用いたものであること。
5.麹歩合は、20%以上であること。
6.酒母は、「生」、「山廃」、又は「速醸」であること。
7.精米歩合は、70%以下であること。
8.「液化仕込み」による清酒ではないこと。
9.醸造アルコール以外の副原料(糖類、酸類等)を使用しないこと。

 石川酒販協同組合さんのサイトには、八つの誓いとして上記の1~8までが記されているが、石川酒造組合の白山菊酒ホームページには9が追加されていました。またwww.hakusan-kikusake.jpというサイトもあるが、完成していないようである。

天狗舞(てんぐまい)「純米」吟仕込白山菊酒 データ

醸造元:株式会社車多酒造(石川県白山市)
使用米:五百万石55%精米
日本酒度:+3
酸度:1.6
アルコール度:16度
仕込水:霊峰白山伏流水(軟水)
杜氏:中三郎
瓶詰:15/03.IA
容量:720ml
価格:1,500円(税別)
購入:頂き物

天狗舞(てんぐまい)「純米」吟仕込白山菊酒に関するリンク

天狗舞(てんぐまい)「純米」吟仕込白山菊酒(日本酒ラベル)
車多酒造さんオフィシャルサイト
白山菊酒ホームページ

応援クリックお願いいたします↓


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事