高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)

 昨晩は新潟県の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米」扁平精米豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)をいただきました。

 タイトルは例によって、扁平精米は割愛させていただいております。精米歩合が非公開のため、特定名称はうたわれていませんが、原材料が米、米麹となっているため、便宜上「純米」と書かせていただいております。

 さて、平仮名のたかちよシリーズは何らかのフルーツの香りを目指して醸されています。この桃ラベルはズバリ桃(ピーチ)。これまで白桃を感じさせてくれるお酒は酢酸イソアミルが優位な酵母だったと記憶していますが、はたしてこの桃ラベルはどうか?。

 残念ながら、酵母なども非公開のため定かではありませんが、酵母のブレンドなどもしているとお聞きしております。

 いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。Kasumiの名の通り、薄く濁っています。

 上立ち香は、程よく華やかに何かの花のように甘く香ります。薔薇かな?、桃のイメージではないものの、ピンクのイメージには合致し、これからの花見シーズンにも良さげ♪。程よい香り大好きな我が家には好評です。

 含むと、おお♪、探していたピーチ姫をここで発見。Bダッシュでトンネル(鼻腔)をくぐり抜け救出すると、甘味と酸味のご褒美はコインラッシュよろしく口中を一杯に満たす。どちらかが突出しているわけではないので、バランスよく余韻を残し引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。旨いなぁ♪。cloudy-sakeなれど、見えるのは青空と花びら。深夜の自宅一人飲みながら、一足早く花見酒。旨いっす。

 銘柄の高千代はオフィシャルサイトを参照すると髙千代で(はしごだか)の文字ですが、環境依存文字であること、検索エンジン的には高千代で検索されることが多いことからあえて高千代で表示いたします。またこの豊醇無盡のシリーズは銘柄も「たかちよ」と平仮名表記となっていますが、あえて両方表記しております。



高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル) データ

醸造元 高千代酒造株式会社(新潟県南魚沼市)
使用米 国産米
アルコール度 16度
仕込水 円水、硬度22mg/l(軟水)
杜氏 阿部茂夫(越後杜氏)
製造年月 2017/02
容量 1.8L
価格 2,800円(税別)
購入 酒泉洞堀一

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)に関するリンク

日本酒ガイド > 新潟県 > 高千代(たかちよ)高千代酒造株式会社

高千代酒造株式会社さんオフィシャルサイト

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)に関するブログ

2016/05/12 高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒(赤ラベル)

2016/01/07 高千代(たかちよ)「純米大吟醸」中取り無調整生原酒(黒ラベル)

2014/09/28 高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡おりがらみ壱火入(青ラベル)

2014/07/29 高千代(たかちよ)「純米大吟醸」豊醇無盡SummerBlue(吟ラベル)



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。