寫楽(しゃらく)「純米吟醸」純愛仕込一回火入

シェアする

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」純愛仕込一回火入

 昨晩は福島県の宮泉銘醸株式会社さんが醸す、寫楽(しゃらく)「純米吟醸」純愛仕込一回火入をいただきました。

 この純愛仕込みとは、「米を愛し、酒を愛し、人を愛す」と言う写楽の造りから来ており、会津産酒造好適米を中心に仕込まれているそうです。仕込み水の宮泉は、阿賀川伏流水を蔵内の井戸から汲み上げているが、この水質が灘の「宮水」に極めて近いことから昔から命名されていたそうです。詳しくは最下部に掲載した※宮泉銘醸さんオフィシャルサイトをご参照ください。

 さてこのところお気に入りの写楽ですが、このスペックは初めてなので楽しみです。

 上立ち香は比較的華やかに、ベリー系のフルーツを思わせるように香ります。このところ飲んだ中では、なかなかの芳香感。いい香りでています。

 含むと、パシッっと打たれた強手に、はっとさせられたと思いきやその後もじわじわと攻められる。旨い寄せの手筋だなぁ、などと感心している間に終局ならぬ収束。六目半負けといったところか?、中盤に放り込まれた強手までは互角だったのに。〈何の話だ?笑)

 もう一度注意深く含む。やはりメリハリのある甘味中心の攻めは最初にパチンと、そしてじわじわと心に入ってきます。いかにも我が家好みの芳醇甘口。気がついたら収束している引き際も見事です。旨いっす。

 オフィシャルサイトの商品紹介には…

落ち着いた立ち香に加え口の中に入れると果実の様な含み香がある純米吟醸酒です。純米と比べ香り、米の味が濃いのが特徴です。冷酒で食中酒です。

 とありました。果実系の含み香や、濃い味わいは紹介通りです。一回火入となっていますが、瓶燗火入れなのでしょうか?、火入れ技術も特筆すべきものです。素晴らしいお酒でした。

Powered by Google

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」純愛仕込一回火入 データ

醸造元 宮泉銘醸(福島県会津若松市)
使用米 国産米50%精米
アルコール度 16度
仕込水 宮泉(井戸水)
杜氏 宮森義弘(兼蔵元)
製造年月 27/11
容量 1.8L
価格 3,000円(税別)
購入

寫楽(しゃらく)「純米吟醸」純愛仕込一回火入に関するリンク

日本酒ガイド > 福島県 > 寫楽(しゃらく)宮泉銘醸株式会社

宮泉名醸さんオフィシャルサイト

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事

コメント

  1. もっちゃん より:

    福島市在住、酒があまり飲めないけど酒好きです。
    寫楽のおりがらみ、純米初しぼりに続き、来週は純米吟醸初しぼりが出るようです。
    北向きの物置部屋には、廣戸川純米吟醸生の飲み終わりを待つ、寫楽おりがらみと純米初しぼりが並んでます。
    もちろん、4合瓶ですけど・・・。

    お好みもあろうかと思いますが、是非、今年の「一歩己」を飲んでみて下さい。
    今は、無濾過生原酒、次にうすにごりが出てくるようです。
    27BYは突き抜けた感がありますよ。

    • 明@由紀の酒 より:

      もっちゃん、コメントありがとうございます。
      おお、いい酒飲まれているようですね~。
      一歩己は一昨年の酒名古屋の花見で初めて飲ませていただき
      一度自宅でもじっくり味わってみたいなぁ、と思っている銘柄です。
      行きつけの酒販店さんに扱いがないので
      お取り寄せとなりそうですが、ぜひいつか!