澤屋まつもと(さわやまつもと)「特別純米」守破離(しゅはり)愛山

シェアする

澤屋まつもと(さわやまつもと)「特別純米」守破離(しゅはり)愛山

 昨晩は京都府京都市伏見区の松本酒造株式会社さんが醸す、澤屋まつもと(さわやまつもと)「特別純米」守破離(しゅはり)愛山をいただきました。

 以前より飲みたかった守破離(しゅはり)シリーズで、先日の「純米」守破離(しゅはり)五百万石、「純米大吟醸」守波離(しゅはり)山田錦に続く第三弾です!。

 このスペックも他のお酒同様に、昨年まで「特別純米」の肩貼りがありましたが、今回はありません。分類上勝手ながら特定名称をタイトルに記載させていただきました。本来特定名称をうたうには、使用米には等級が必要(等外米は不可)や指定外の添加物(米アルコールも含む)は不可など厳しい条件がありますが、未確認となります、ご了承ください。

 守破離(しゅはり)の言葉の意味は、先日の記事、※澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米」守破離(しゅはり)に記載いたしましたのでご参照ください。

 これまで飲んだ二つのスペックはいずれも、火入れにもかかわらず炭酸がしっかり効いており、フレッシュさと爽やかな旨味が印象的でした。今回、使用米が大好きな愛山ということで、どんなお酒に仕上がっているのか?楽しみです。

 開栓直後、注いだ一合蛇の目に注目するも、思っていたよりは気泡がつきません。シリーズの中ではもっとも炭酸ガスは少なそうです。

 上立ち香は非常に穏やかで、一合蛇の目に七分目まで注いだヘッドスペースでは明確にできません。前回同様シャンパングラスを用意し、少量注いでスワリングすると浮かび上がった甘味を伴う巨峰。やはり食中を意識した造りのようで、抑えてあります。

 含むと、酸味、甘味の順番で迫りくる、シリーズでもっとも起伏のあるメリハリ旨味。程よく安心感のある甘味は、エレガントと言う言葉がぴったり来ます。

 もう一度注意深く含む。いいなぁ♪この酸味。今までどちらかと言えば、低酸で上品に感じるお酒が好きでしたが、この酸味の出方は再認識させられます。ただ瑞々しいトマトより、酸味から来る甘味あるトマトに旨いと思えるような、あの感覚。発酵はきっちり促されているが、アルコール度数低めから来る、優しい旨味の安心感。後半は綺麗に引き上げて行きます。旨いっす。

澤屋まつもと(さわやまつもと)「特別純米」守破離(しゅはり)愛山 データ

醸造元 松本酒造株式会社(京都府京都市伏見区)
使用米 愛山65%精米
日本酒度 +3.5
酸度 1.5
アルコール度 16度
仕込水 鴨川水系木津川水系伏流水(中硬水硬度75)
杜氏 松本日出彦(兼蔵元)
製造年月 2016/05
容量 720ml
価格 1,500円(税別)
購入 酒泉洞堀一

澤屋まつもと(さわやまつもと)「特別純米」守破離(しゅはり)愛山に関するリンク

日本酒ガイド > 京都府 > 澤屋まつもと(さわやまつもと)松本酒造株式会社

松本酒造株式会社さんオフィシャルサイト

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米」守破離(しゅはり)

[hidepost=1]1.60/2.00[/hidepost]

応援クリックお願いいたします↓


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事