澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米大吟醸」守破離(しゅはり)山田錦

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米大吟醸」守破離(しゅはり)山田錦

 昨晩は京都府の松本酒造株式会社さんが醸す、澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米大吟醸」守破離(しゅはり)山田錦をいただきました。

 先日の「純米」守破離に引き続き、今度は「純米大吟醸」です!。と言っても「純米」守破離同様、今回もラベルを見る限りどこにも特定名称は書かれていません。

 昨年までは特定名称をうたっており、このスペックは「純米大吟醸」となっていましたので、分類上勝手ながら特定名称をタイトルに記載させていただきました。本来特定名称をうたうのに必要なこととして、使用米には等級が必要(等外米は不可)や指定外の添加物(米アルコールも含む)は不可など厳しい条件がありますが、未確認となります、ご了承ください。

 守破離(しゅはり)の言葉の意味は、先日の記事、※澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米」守破離(しゅはり)に記載いたしましたのでご参照ください。

 裏ラベルに山田錦について書かれていましたので抜粋いたします。

“Rice is the essence of all”
“原料に勝る技術なし”
私たちは2016年より山田錦栽培特級地区である、兵庫県加東市東条地区での農業従事をスタートいたします。まだ少量なため全量この地域だけの醸造は出来ませんが、必ず近い未来に実現いたします。日本酒がもっともっと皆様にとって日本の産地の素晴らしさを感じて頂ける存在になれるよう願い精進を続けてまいります。
-発酵した際の自然な炭酸ガスが少量含まれています-
-開栓後は立てて冷蔵庫に保管して下さい-
-大きめのグラスで5℃~15℃でお楽しみ下さい-

 とあります。造りの場合は原料処理にこだわると良く聞きますが、つきつめると原料にもこだわるということなのでしょうか。

 先日の「純米」同様開栓直後、注いだ一合蛇の目にびっしりと付いた気泡に目がいきます。裏ラベルにもあるように、炭酸ガスがしっかり効いているようです。瓶燗火入れと聞いておりますが、どのような火入れの仕方なのか見てみたいです。

 上立ち香は非常に穏やかで、明確ではありません。シャンパングラスに移し変え、スワリングして何となく感じたのはマスカットでした。純米大吟醸クラスながら、これもまた食中を意識した造りということでしょうか。

 含むと、じゅっとくる炭酸がいかにもフレッシュ♪、その後にプレッシャーのない旨味がほんのり漂う。甘味は決して多くなく、結構綺麗ですっきりと飲ませてくれます。

 もう一度注意深く含む。炭酸の奥から感じる旨味はそれほど酸を主張することなく、やはり上品で綺麗!なような気がします。いや、もっと上品なのでは?、炭酸が落ち着いたら……、でもこのフレッシュも楽しみたい♪。明日が楽しみです。旨いっす。

 ってことで開栓二日後です。実は暴挙に出ております。先日冷蔵庫にしまう前にシャカシャカしております。開栓後の変化はいかに♪。

 お猪口にびっしり付いていた炭酸も、想定通り僅かとなりました。含むと、炭酸の刺激が薄れた分、スベリの良い旨味がわかりやすく口中に広がります。それでも甘味は思っていたほど増すことはなく、じわっと来る程度です。何ともエレガント♪。そして綺麗に引き上げていきます。旨いっす。


澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米大吟醸」守破離(しゅはり)山田錦 データ

醸造元 松本酒造株式会社(京都府京都市伏見区)
使用米 山田錦50%精米
日本酒度 +3
酸度 1.3
アルコール度 15度
仕込水 鴨川水系木津川水系伏流水(中硬水硬度75)
杜氏 松本日出彦(兼蔵元)
製造年月 2016/04
容量 720ml
価格 1,700円(税別)
購入 酒泉洞堀一

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米大吟醸」守破離(しゅはり)山田錦に関するリンク

日本酒ガイド > 京都府 > 澤屋まつもと(さわやまつもと)松本酒造株式会社

松本酒造株式会社さんオフィシャルサイト

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米」守破離(しゅはり)

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米大吟醸」守破離(しゅはり)山田錦に関するブログ

日本酒感想日誌 > 【546】澤屋まつもと 守破離 山田錦 27BY





↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。