AKABU(あかぶ)「純米吟醸」

岩手県の赤武酒造株式会社さんが醸す、赤武(あかぶ)AKABU「純米吟醸」を飲んだ感想。独特の複雑さを感じます。そこまで酸味があるわけではないが、何故か思い出したペトリュス。バランスの良さの中から見えてくる自信みなぎる甘味は、夏の甲子園のように爽やかな元気を運んでくれます。

二兎(にと)「純米大吟醸」備前雄町48生原酒

愛知県の丸石醸造株式会社さんが醸す、二兎(にと)「純米大吟醸」備前雄町48生原酒を飲んだ感想。特徴のある甘味が口中には残らないが、脳裏に残る。全体は間違いなくさらさらしているが、その中に粘度があるかのような甘味。まさに二兎を得ている!。

豊盃(ほうはい)「大吟醸」つるし酒

青森県弘前市の三浦酒造株式会社さんが醸す、豊盃(ほうはい)「大吟醸」つるし酒を飲んだ感想。想定していたような粘度の増幅や、奥の複雑さはまったく変化することなく、どちらとも言えないような小宇宙は相変わらず。くずれないと言う意味では、このお酒のポテンシャルを感じます。

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米」守破離(しゅはり)

京都府の松本酒造株式会社さんが醸す、澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米」守破離(しゅはり)を飲んだ感想。少し冷めたところで残りの全てをあおる。ん?、なんという旨さ。燗冷ましには賛否両論あるとは思いますが、上がりすぎたときのイメージがあったためか、心に残る旨さ。

二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五

愛知県の丸石醸造株式会社さんが醸す、二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五を飲んだ感想。雄町の溶けた甘味を期待すると辛口を感じ、すっきりとした辛口を期待すると、程よく甘味を感じさせてくれる。アリスの白ウサギを探しているうちに、あべこべの世界に入り込んだようです♪。

二兎(にと)「純米吟醸」山田錦五十五生

愛知県の丸石醸造株式会社さんが醸す、二兎(にと)「純米吟醸」山田錦五十五生を飲んだ感想。跳ねるね~、このウサギ♪。何とも楽しい!。思わず追いかけると、アリスの白ウサギよろしく、何やら急いでいるようでつかまらない。何とか捕まえたと思ったが、手のひらには何も残っていなかった。