二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五

シェアする

二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五

 昨晩は愛知県の丸石醸造株式会社さんが醸す、二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五をいただきました。

 二兎は名が示す通り、“相反する二つの方向性をどちらも追い求める!”を目指して、丸石醸造さんが雄町と山田錦にこだわり立ち上げられた銘柄です。「香りがあって甘味があって切れる」と言ういかにも今風なお酒で、すでに人気が出始めています。少量しか入荷しないこともあって一部の酒販店ではNETに載せられないとぼやいているとかいないとか。

 先日紹介した※二兎(にと)「純米吟醸」山田錦五十五生に続き、由紀の酒-日本酒談義-突撃隊長のMASAさんのおかげで、我が家にやってきました。感謝♪。

 蔵元が掲げる二兎(にと)のコンセプトは、※二兎(にと)「純米吟醸」山田錦五十五生の方に掲載いたしましたのでご参照ください。

 上立ち香は程よく穏やかで生八つ橋を思わせるように香ります。山田錦よりは幾分穏やかながら、いい香りが出ています。生八つ橋♪、好きなんですよね~。

 含むと、来たぁ~。ジュワっとジューシー♪。山田錦とのストーリーを感じます。僅かながら引き締めた印象もあり、甘味と辛味が同居しています。この辺りはコンセプト通りなのでしょうね。火入れで真価を発揮しているというのは好感が持てます。そして引き際の僅かな余韻は、相変わらず盃を次へといざなう。危険です。やはり危険なお酒です。

 もう一度注意深く含む。山田錦とは別の意味でこのウサギも楽しい♪。雄町と言うことで溶けた甘味を期待すると、何故か辛口を感じ、すっきりとした辛口を期待すると、程よく甘味を感じさせてくれる。アリスの白ウサギを探しているうちに、あべこべの世界に入り込んだようです。しかし結果は、

 かゆいところに手が届いている♪

 飲み進んでいった後半でも、甘味を感じながら潔く引いていく。ちゃんと二兎を得ている♪。旨いっす。

 このお酒はSAKE COMPETITION 2016の純米吟醸部門でSILVERに輝きました。

Powered by Google

二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五 データ

醸造元 丸石醸造株式会社(愛知県岡崎市)
使用米 備前雄町55%精米
日本酒度 +1
酸度 1.4
アルコール度 16度
仕込水 南アルプス明石山系伏流水、誉の水(軟水)
杜氏 片部州光(社員杜氏)
製造年月 2016/03
容量 720ml
価格 1,565円(税別)
購入 MASAさんにお願いしました

二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五に関するリンク

日本酒ガイド > 愛知県 > 二兎(にと)丸石醸造株式会社

丸石醸造株式会社さんオフィシャルサイト

二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五に関するブログ

酔い人「空太郎」の日本酒探検 > 愛知「二兎 純米吟醸 雄町五十五」マスカットの含み香に…

※2016/05/18 二兎(にと)「純米吟醸」山田錦五十五生

SAKE COMPETITION 2016受賞酒を飲んだ感想

2016/08/20 赤武(あかぶ)AKABU「純米吟醸」

2016/08/26 勝山(かつやま)「純米吟醸」献(けん)

2016/08/31 陸奥八仙(むつはっせん)「特別純米」

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事