日本酒の会sakenagoya(岐阜の若手蔵元有志)

 昨晩は日本酒の会sakenagoyaに参加してきました。

 今回のテーマは岐阜の若手蔵元有志ということで5蔵、10種類のお酒が並び、それぞれ蔵元さんも見えていました。すべてブラインドで10点満点で採点いたしました。書きなぐったメモと自分がつけた採点です。括弧内は会の平均ポイント。順位は会の平均ポイントからついた順位です。



1位 御代櫻「純米吟醸」生原酒 播州山田錦 9点(7.33)
香り、マスカット。無濾過生系か?。好みの甘味。

2位 房島屋「純米吟醸」五百万石生酒 兎心(ところ) 6点(7.09)
うすにごり。香りマスカット系。含み香好み。キレ有り。

3位 女城主「純米大吟醸」山田錦40 3.5点(7.05)
香り明確でなくあまりない。淡い。本醸造系か?。

4位 長良川「純米吟醸」百八十日熟成 4点(6.98)
香り穏やか。乳酸様の熟成感。甘味と酸味のバランス。

5位 鯨波「純米」 2点(6.69)
香り穏やか。フルボディ。やや強い。

6位 鯨波「本醸造」 3点(6.55)
香り穏やかバニラ。自分には辛い。後半戦で真価を発揮。

7位 御代櫻「純米」無濾過生原酒 3.6点(6.38)
甘味と酸味のバランス。

8位 房島屋「純米酒」(生詰)6号酵母 2点(6.28)
香り非常に穏やか。酸の押し出し。渋味、苦味、熟成で真価を発揮しそう。

9位 女城主「純米」特撰 3.8点(6.27)
香り乳酸系。酸味、辛口、ほのかな甘味。

10位 長良川「本醸造」超辛口+20 2.5点(5.77)
低精米感のある香り。酸味の押し出し。辛い。


 最初に飲んだ御代桜がいきなり我が家好みで9点という高得点。しかしメリハリのあるお酒なだけに、次に飲んだ女城主「純米大吟醸」が淡く感じ、特徴をつかみきれませんでした。飲む順番が変わっていれば、得点にも大きく影響しそうです。
 また、明らかに自分ならこのお酒はこの温度帯にするのに・・・なんて思ったお酒や、小瓶に移し変えて熟成でしょう!なんてお酒もありました。

 その他詳しくは、下記のオフィシャルサイトにUPされると思いますので、参照してください。
 日本酒ブログ(由紀の酒)としては珍しく採点まで掲載してますが、あくまでAKIRA個人の感想で、好みの甘い酒に点数も甘くなったと思います。

日本酒の会 sake nagoya



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。