南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」雄町

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」雄町

 昨晩は岩手県の株式会社南部美人さんが醸す、南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」雄町をいただきました。

 オフィシャルサイトを参照すると、南部美人の「純米吟醸 ビューティーシリーズ」は、精米歩合・アルコール分・酵母・麹菌・仕込水など、造り方の条件を揃え異なる酒米を使用したお酒で、酒米の違いによって変わるほのかな香りと、スッキリ洗練された味わいを楽しめるとあります。

 これまで、山田錦、愛山、美山錦は飲んでおりましたが、酒米のルーツとされるような「雄町」がラインナップされていたので購入いたしました。先日飲んだ山田錦も相当旨かった記憶なので、使用米以外の同じ造りってことで、本当は飲み比べをしたいところです。

 ラベルには、

形状 新たに生まれたこと
醸す還す舞う
一心
ふくよか

 とあります。還す(かえす)が気になったので調べてみると、本来の場所・状態に戻すとあります。楽しみです。

 いつもの一合お猪口に注ぐと、うっすらと黄色く色づく。ラベルにも炭素濾過はしていませんと書いてある通り、いかにも!といった色合いです。

 上立ち香は穏やかに心地よく、のように香ります。M310酵母からすると少しイメージが違うが、穏やかな分上品でいい香りが出ています。

 含むと、綺麗ぇ~な甘味。やや冷えすぎか?と言うくらいの温度からはじめたからか?、ひんやりと心地よくスルスルと喉を通ります。何の引っかかりもありません

 もう一度注意深く含む。まだそれほど温度は上がっていないが、何となく奥の方に見え始める深み。しかし全体的には吟醸らしく綺麗にさばけて行くので、幅がほんの少し広がった程度。いいなぁ、この旨味の出方。奥ゆかしく雄町が表現されています。

 雄町ということで常温まで放置してみました。後半で見えた奥深さが前面に出てきます。なるほど「ふくよか」です。冷酒との差は歴然で、ここまで膨らむか!と突っ込みを入れたくなるほどです。人肌まで上げたらおそらく……。もう少し涼しくなって来て、燗が恋しい季節になったら、ぜひ試してみたい一本です。

 しかし、オススメは完全に冷酒です。綺麗な甘味でスルスルと飲んでいるときの、奥に見える「なんとなく」の深み。あれはまさに至福です。旨いっす。

タラのアクアパッツア

 本日のあては、タラのアクアパッツアと鶏もも肉の炭焼き。

 アクアパッツアは、ダッジオーブンを用意し、オリーブオイルをニンニクで香りづけし、エリンギ、ぶなしめじ、下味を付けた鱈、長ネギ、トマト、ホンビノス貝、日本酒たっぷり、ローリエ、タイム、塩、コショウ。これで15分ほど煮るだけ。

鶏もも肉の炭焼き

 鶏もも肉の炭焼きは、ソミュール液(水、塩、砂糖、みりん、タイム、ローズマリー、コショウ、ニンニク)にフォークでプスプスした鶏もも肉を4.5時間漬け込み、七輪で焼きました。

 鱈の下味が少し薄かったか?、しかし日本酒のアテにはなかなかの出来栄え♪。鶏は完璧な味わい。南部美人とも良くあっていました。



南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」雄町 データ

醸造元 株式会社南部美人(岩手県二戸市)
使用米 雄町50%精米
使用酵母 M310酵母
日本酒度 +6
酸度 1.6
アルコール度 16度
仕込水 折爪馬仙峡伏流水(中硬水)
杜氏 松森淳次(南部杜氏)
製造年月 2016/07
容量 720ml
価格 1,900円(税別)
購入 佐野屋酒店

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」雄町に関するリンク

日本酒ガイド > 岩手県 > 南部美人(なんぶびじん)株式会社南部美人

株式会社南部美人さんオフィシャルサイト

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」雄町に関するブログ



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。