南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろし

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろし

 昨晩は岩手県の株式会社南部美人さんが醸す、南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろしをいただきました。

 実は南部美人に、この純米吟醸ひやおろしがあることを知りませんでした。いつから出ていたんだろう?。

 通常の火入れは、酒を60度以上に上げ、その熱酒をそのままタンクに移します。タンク内も殺菌できるメリットはありますが、温度が下がるまでに時間がかかってしまうことでお酒はストレスを受けます。火入れに定評のある南部美人の方法は、プレートヒーター熱交換システムを用いることで急冷を可能にし、お酒にストレスを与えることなくタンクに移せることにあります。その後の冷蔵貯蔵は必須となります。

 タンク囲いし夏の呑み切りを待ちます。このお酒は通常何本か仕込まれる純米吟醸の中でも、特に出来のよかったタンクのみ、無濾過原酒のまま瓶詰め出荷されます。

 オフィシャルサイトの商品説明には、

その年の呑み切りで一番良かった純米吟醸のタンクを選び、そのまま生詰めします。深いコクと秋あがりのまろやかな味は秋の食材と相性抜群です。

 とあります。深いコクとまろやかな味、楽しみです。

 上立ち香は穏やかに心地よく、メロンのように香ります。ほんのりマスカットも混ざる。一回火入れのお酒ですが、爽やかな香りにうっとりとさせられます。

 含むと、香りからつながるような爽やかな甘み。奥に混在する僅かな酸が、枠となって表れ収束へと向かう。2年前に飲んだ販売店限定の※1.南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」無濾過生原酒を思い出します。

 もう一度注意深く含む。ひやおろしでここまで爽やかなイメージを出してくれるとは!。そして原酒らしいメリハリのある甘味。

 この飾らない感じ、これは!、佐藤栞里ちゃんだ!。笑ってコラえて!の人気コーナー「朝までハシゴの旅」では、誰とでも仲良くなり、楽しくお酒を飲んでいる姿に癒されます。こちらまで楽しくなってしまいそうな屈託のない笑顔。旨いっす。

 例によってこの画像はアマゾンのアフィリエイトリンクです。ただ佐藤栞里ちゃんの画像を合法的に?掲載したかっただけですが、クリックから購入が決まると、筆者に報酬が発生します♪。「ちゃまてばこ」と言う単行本(ソフトカバー)のようですが、内容は旅やお洒落について書いてあるようです。



南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろし データ

醸造元 株式会社南部美人(岩手県二戸市)
使用米 麹米、ぎんおとめ50%精米、掛米、美山錦55%精米
使用酵母 M310酵母・他
日本酒度 +5
酸度 1.5
アルコール度 17度以上18度未満
仕込水 折爪馬仙峡伏流水(中硬水)
杜氏 松森淳次(南部杜氏)
製造年月 2016/09
容量 720ml
価格 1,900円(税別)
購入 佐野屋酒店

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろしに関するリンク

日本酒ガイド > 岩手県 > 南部美人(なんぶびじん)株式会社南部美人

株式会社南部美人さんオフィシャルサイト

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろしに関するブログ

※1.2014/04/23 南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」無濾過生原酒



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。