鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒

シェアする

鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒

 昨晩は佐賀県の富久千代酒造有限会社さんが醸す、鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒をいただきました。

 世界最大規模の品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2011年」で日本酒部門の最優秀賞「チャンピオン・サケ」を受賞し人気に火が付いて以来、酒販店さんでもなかなか入手が難しくなっているようです。

 中でもこのお酒は出品本斗瓶。以前、由紀の酒で開いたオフ会※1.「高級酒を飲み倒す会」に酒仲間の吟醸番さんが持ち込んでくれたおかげで飲むことができましたが、もう一度自宅でも飲んでみたくなり、吟醸番さんに頼み込んで譲っていただきました。感謝♪。

 開栓2日後、あらかじめ冷蔵庫から取り出し少し放置。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぐ。すっきりと澄み渡っています。

 上立ち香は、程よく華やかに、マスカットを思わせるように香ります。心までも落ち着かせてくれるような上品な香りです。

 含むと、出品酒と言うことで想定していたよりも、一回り大きな甘味がポヨンっと口中で弾む。核となる部分が僅かな分、形を自在に変えて広がり、舌を優しく包む。思わず深く呼吸する、至福のひととき。

 もう一度注意深く含む。出品酒らしさと言うと、ギュンっとつまった限られた範囲の中でのパフォーマンスをイメージするが、料理の下ごしらえから違うのではないか?と思わせる旨味。彩りも良く、違和感のない、いかにも自然な広がりを見せる。後半も秀逸で、ただ引きがはやいだけでなく、魅せた彩りを所作良く拾い上げ引き上げていく余韻。旨いっす。

 こうなると、久しぶりにオレンジラベルやパープルラベルも飲んでみたいが、自分が購入していた酒泉洞堀一さんでは35ホワイト以外は店頭に並んでいませんでした。

 追記。開栓当初、5℃設定の冷蔵庫から取り出してすぐに飲んだ時は、核となる部分もしっかりしており、この感想よりももう少し引き締まっていましたが、広がりからの余韻があまりにも気持ちよかったので2日後の感想をメインに書きました。

[hidepost=1]1.73/2.00[/hidepost]

鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒 データ

醸造元 富久千代酒造有限会社(佐賀県鹿島市)
使用米 山田錦35%精米
アルコール度 17度以上18度未満
仕込水 多良岳山系の地下水(軟水 硬度42mg/L)
杜氏 飯盛直樹(兼蔵元)
製造年月 H28/11
容量 500ml
価格 ほとんど非売品
購入 吟醸番さんにお願いしました。

鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒に関するリンク

日本酒ガイド > 佐賀県 > 鍋島(なべしま)富久千代酒造有限会社

富久千代酒造有限会社さんオフィシャルサイト

鍋島(なべしま)「大吟醸」出品酒に関するブログ

2007/01/08 ※1.高級酒を飲み倒す会

応援クリックお願いいたします↓


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事