陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒

陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒

 昨晩は青森県の八戸酒造株式会社さんが醸す、陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒をいただきました。

 試飲会でその存在を知り、かねてより飲んでみたいと思っていましたが、昨年の10月に念願がかない、そしてズハリ!ストライクゾーンだった陸奥八仙。その時飲んだひやおろしは「特別純米」、今回はさらにお米に磨きがかかり、50%精米の純米大吟醸です。

 華想いは酒米の系統名が青系酒140号だったと言うことで、同じ青森県の株式会社西田酒造店さんの田酒では、百四拾と言うタイトルのお酒を出していることでも知られています。青森県農林総合研究センターが、平成十四年に開発した酒造好適米です。

 山田錦と華吹雪を掛け合せたことで、草丈が短く穂数がやや多いのが特徴で、麹(こうじ)作りの作業性がよく、ミネラル成分が多く、たんぱく質が少ないため、高級酒に向いているそうです。

 上立ち香は、華やかでパインやマスカットを思わせるように香ります。最近飲んでいる中では最も香り高いものの、嫌みなく香ります。いいっすね~♪、青森の酵母(まほらま・吟)なかなかの優れもののようです。

 含むと、これです!、この迫りくる甘味。酸味とのバランスで、メリハリのある甘味主体の旨味が前面に出てきます。何ともジューシーな甘味は顎の両サイド、ちょうどリンパ腺の辺りをジンとさせます。

 もう一度注意深く含む。素晴らしい華やかな世界観♪。目を閉じると、360度広がる色とりどりの薔薇の花畑。飲み進んでいった時の後半は、喉の奥にジンとした余韻を残す。

 一杯目に比較的冷えた状態で、すっきりと爽やかな甘味を楽しむと幸せになれます。旨いっす。

 そう言えば、ちょうどラグーナテンボスでそんな360度広がる色とりどりの薔薇の光景を見ることが出来るようです。行ってみたいっすね~。

※コストパフォーマンス部門 由紀の酒 Best of the year 2016 入賞



陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒 データ

醸造元 八戸酒造株式会社(青森県八戸市)
使用酵母 まほろば吟酵母
使用米 青森県産華想い50%精米
日本酒度 -1
酸度 1.6
アルコール度 16度
仕込水 八戸蟹沢(がんじゃ)の清水(中硬水)
杜氏 伊藤賢一(南部杜氏)
製造年月 2016/03
容量 1.8L
価格 3,600円(税別)
購入 酒泉洞堀一

陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 青森県 > 陸奥八仙(むつはっせん)八戸酒造株式会社

八戸酒造株式会社さんオフィシャルサイト

ラグーナテンボス

陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒に関するブログ

2015/10/27 陸奥八仙(むつはっせん)「特別純米」ひやおろし無濾過原酒




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。