陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」

陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」

 昨晩は青森県の八戸酒造株式会社さんが醸す、陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」をいただきました。

 八戸酒造さんは、1775年(安永4年)の創業。大正年間に建設された蔵は、文化庁より有形文化財に登録されています。来年早々に見せていただけそうなので楽しみです。

 先日紹介した、※1.陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い40に引き続き、とびっきり「大吟醸」の紹介です。1998年に陸奥八仙ブランドを立ち上げ、ついに2016年、全国新酒鑑評会で初の金賞受賞。またインターナショナル・ワイン・チャレンジ2016SAKE部門、吟醸酒の部、大吟醸酒の部でGOLDメダル!、中でもこのお酒は大吟醸酒の部の最高位「トロフィー」を受賞したものです。

 上立ち香は、心地よく穏やかに、梅の花のように香ります。花かごをのぞき込むように直接かいだにもかかわらず、扇(おうぎ)で扇がれ漂ってきたかのように自然に香る

 含むと、何とも心地よい甘味。その広がり方もエレガントで、朝でしか見ることのできない蓮(はす)の開花。後半も秀逸で、良く手入れされた剣のように鈍く光り、豪傑が振り下ろしたかのように断ち切る

 もう一度注意深く含む。気持ちいい、楽しい!。何処かから笛の音カスタネットの音が聞こえてくるよう。ポクポクと木魚の音も聞こえてくる。空になったお猪口をさかさまにして垂れて来るのを待つ自分を客観的に見ると、瓢箪(ひょうたん)を逆さまにしている光景が思い浮かぶ。酒仙の境地を堪能でき、本当に楽しくなれる最高のお酒でした。旨いっす。

※とびっきり部門 由紀の酒 Best of the year 2016 入賞



陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」 データ

醸造元 八戸酒造株式会社(青森県八戸市)
使用酵母 まほろば吟酵母
使用米 青森県産華想い40%精米
日本酒度 +1
酸度 1.4
アルコール度 16度
仕込水 八戸蟹沢(がんじゃ)の清水(中硬水)
杜氏 伊藤賢一(南部杜氏)
製造年月 2016/10
容量 720ml
価格 3,300円(税別)
購入 佐野屋酒店

陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」に関するリンク

日本酒ガイド > 青森県 > 陸奥八仙(むつはっせん)八戸酒造株式会社

八戸酒造株式会社さんオフィシャルサイト

陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」に関するブログ

2016/11/22 陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い40

2016/05/09 陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い50無濾過生原酒



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。