結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒

 昨晩は茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒をいただきました。

 昨年※1.由紀の酒 Best of the year 2016のコストパフォーマンス部門で金賞受賞となった、※2.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒のもろみを袋吊りし、斗瓶採りした蔵出し100本限定のお酒と言うことで、飛びつかせていただきました。

 肩貼りの「やまだにしき雫酒」の酒の文字が、人の顔になっており頬を赤らめているところが可愛らしいです。撮影の時には外してしまいましたが、首に札がかかっており「百本限定酒」として袋吊りについての説明があります。

 銘柄に込められた思いや、ラベルデザインについては、下記関連リンクの由紀の酒-日本酒談義-※3.結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社に記載いたしましたので、ご笑覧ください。

 いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。綺麗な透明感、色はほとんどついていません。

 上立ち香は、程よく華やかに、りんごを思わせるように香ります。好きなんですよね~、この香り!。南部美人を思いだすような、爽やかな吟醸香です。

 含むと、亀口直汲みの派手なパフォーマンスではなく、随分落ち着いた美しさを感じさせるファーストコンタクト。程よい程度に引き締まった甘味が上品です。いい酒だなぁ♪、さすがです。

 もう一度注意深く含む。亀口直汲みの、天使を思わせるような女の子は実は5~6年前の映像で、雫酒となった今は美しく成長し、その辺にいたら驚くような綺麗な娘さん。どことなく面影はあるが、いきなり成長した姿は何故かはわからないが、失われてしまったものもあるような…。何だろう?、この喪失感。

 少し前にやっていたドラマ「ラストコップ」では、主人公の京極浩介が事故で30年眠っている間に、幼かった娘(結衣)が美しく成長している様が描かれていたが、成長の過程を見守れなかった悔しさはいかばかりか。ちょうどそんな喪失感。

 結ゆいを自宅で飲むのはこれがまだ3本目と言う自分では、「どれだけ私のことをわかっているのよ。」と言われそうだが…(笑)。いずれにしても間違いなく、旨いっす。



結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒 データ

醸造元 結城酒造株式会社(茨城県結城市)
使用米 兵庫県産山田錦50%精米
アルコール度 16度以上17度未満
仕込水 鬼怒川系伏流水(軟水)
杜氏 浦里美智子(兼蔵元)
製造年月 H29/02
容量 1.8L
価格 3,900円(税別)
購入 池田酒店

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒に関するリンク

日本酒ガイド > 茨城県 > ※3.結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社

結城酒造株式会社さんオフィシャルサイト

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒に関するブログ

2016/12/31 ※1.由紀の酒 Best of the year 2016

2016/10/18 ※2.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。