結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

 昨晩は茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒をいただきました。

 娘の名前が入っているこのお酒、評判を聞いていると自分好みのようなので、いつか飲んでみたいと思っていました。お取り寄せ先にラインナップされていたので今回の目玉として購入しました。

 てっきり銘柄の呼び方は結(ゆい)だと思っていましたが、ラベルには結(むすび)ゆいと書いてあります。酒販店サイトなどをあらためて調べてみると、結(ゆい)と表示しているところが多く、漢字一文字で読み方が「ゆい」と受け取れます。オフィシャルサイトは「結ゆい」と表示していますが、URLはyuiでmusubiの文字はありません。愛称が「ゆい」なんでしょうか?。

 オフィシャルサイトに銘柄に込められた思いが書いてありました。

美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町(結城)を結ぶ「町おこし」をしたいという願いが込められています。

 ラベルのデザインも秀逸で、スペックの違いで色分けされており統一感があります。ラベルデザインについては、由紀の酒-日本酒談義-の※1.結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社に記載いたしましたので、ご笑覧ください。

 上立ち香は、華やかでとても心地よく、青りんごのように香ります。いいですね~、この感じの香りの出かた♪。爽やかです。

 含むと、甘い!。開栓直後ということもあり、生原酒らしいガス感もありますが、それを飛び越えるようにして確実に好みの甘味が前面に出てきます。結構甘いにもかかわらず中盤は引き締まっており、甘さを引きずりません。綺麗とさえ感じる部分も好印象♪。

 もう一度注意深く含む。綿菓子の甘味のように、口中でなくなっていく様が実に面白い。最近飲んだ中ではもっとも甘い部類に入るが、ガス感も手伝ってか?、後半の切れ上がりも見事です。旨いっす。

 このお酒の火入れは、※2.SAKE COMPETITION 2016の純米吟醸酒部門で、SILVERとなっており、火入れ技術の高さもうかがえます。ぜひ火入れのお酒も飲んでみたいものです。

※コストパフォーマンス部門 由紀の酒 Best of the year 2016 入賞



結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒 データ

醸造元 結城酒造株式会社(茨城県結城市)
使用酵母 M310
使用米 兵庫県産山田錦50%精米
日本酒度 -2
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
仕込水 鬼怒川系伏流水(軟水)
杜氏 浦里美智子(兼蔵元)
製造年月 H28/09
容量 1.8L
価格 3,600円(税別)
購入 はせがわ酒店

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

※1.日本酒ガイド > 茨城県 > 結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社

結城酒造株式会社さんオフィシャルサイト

※2.SAKE COMPETITION 2016の純米吟醸部門

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒に関するブログ

SAKE COMPETITION 2016受賞酒を飲んだ感想

2016/08/26 勝山(かつやま)「純米吟醸」献(けん)

2016/08/20 赤武(あかぶ)AKABU「純米吟醸」

2016/08/31 陸奥八仙(むつはっせん)「特別純米」

シナモンパパの一合一笑 > 結純米吟醸亀口直汲み生



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。