結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒

シェアする

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒

 昨晩は茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒をいただきました。

 昨年、評判を聞いて飲んでみると、見事にど真ん中ストライク!と言うことで、※1.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒※2.由紀の酒 Best of the year 2016金賞受賞となりました。賞に関しては下記リンクをご参照ください。

 銘柄を調べていると、杜氏の浦里美智子さんが最初に仕込んだのがこの雄町で、蔵との相性も良いことから結ゆいの看板商品となっているそうです。思い入れもあるであろう雄町を、飲んでみたいと思っておりました。

 銘柄に込められた思いや、ラベルデザインについては、由紀の酒-日本酒談義-の※3.結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社に記載いたしましたので、ご笑覧ください。

 いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぐと、うっすらと濁っています。

 上立ち香は、程よく華やかに、りんごを思わせるように香ります。Best of the year 2016になった結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒が蘇るようです。爽やかな風♪、イイ!。

 含むと、来た来た、ジュワっと来ました。両手いっぱいにつかんだピンクの花びらを、開いて「ふぅ~」っと息を吹いたように、一気に目の前は花びらで覆われます。何とも楽しい甘味の膨らみ。僅かなガス感は後から来て、甘味をさらえて行きます。

 もう一度注意深く含む。自分の中にイメージとして残っている山田錦は、もう少し引き締まっていましたが、備前雄町はやや枠をぼかし膨らんでいます。これがまた可愛らしい。甘味堪能いたしました。旨いっす。

 このお酒の火入れは、※4.SAKE COMPETITION 2016の純米吟醸酒部門で、SILVERとなっており、火入れ技術の高さもうかがえます。ぜひ火入れのお酒も飲んでみたいものです。

Powered by Google

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒 データ

醸造元 結城酒造株式会社(茨城県結城市)
使用酵母 M310
使用米 備前雄町50%精米
日本酒度 -1
酸度 1.5
アルコール度 16度以上17度未満
仕込水 鬼怒川系伏流水(軟水)
杜氏 浦里美智子(兼蔵元)
製造年月 H29/01
容量 1.8L
価格 3,200円(税別)
購入 池田酒店

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 茨城県 > ※3.結ゆい(むすびゆい)結城酒造株式会社

結城酒造株式会社さんオフィシャルサイト

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒に関するブログ

2016/10/18 ※1.結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

2016/12/31 ※2.由紀の酒 Best of the year 2016

※4.SAKE COMPETITION 2016の純米吟醸部門

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事