鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒
 昨晩は岐阜県の恵那醸造株式会社さんが醸す、鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒をいただきました。ラベルには銘柄の由来が書かれています。

雄大な中央アルプスを望む標高六百米にある酒蔵から「山の上を流れる雲が大海を泳ぐ鯨に似ていた」と言うことから誕生しました。

 ぜひ遊びに行きたいものです。

 上立ち香は穏やかながら心地よくマッシュルームのように香ります。含むと、裏切らない程よい甘味は可憐で、愛おしい。酸味は浮足立つことなく甘味に溶け込んでおり、やや輪郭はぼかしながらも優しい枠を形成している。かちっとしすぎていないところは、出品酒ながらいろいろな食材に合わせられそう。後半のまとまりも美しく、長くはないが余韻も楽しめます。ん~まさに雄大!大海原を泳ぐ鯨を思わせます。旨いっす。



鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒 データ

醸造元:恵那醸造株式会社(岐阜県中津川市)
使用米:五百万石50%精米
日本酒度:+4
アルコール度:17.0~17.9
製造年月:14/08
仕込水:裏山(二ツ森山)の湧き水
杜氏:長瀬裕彦(南部杜氏、兼蔵元)
720ml 2,500円(税抜き)
購入・・・酒泉洞堀一

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒に関するリンク

鯨波(くじらなみ)「大吟醸」全国新酒鑑評会入賞酒(日本酒ラベル)
恵那醸造株式会社さんオフィシャルサイト




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。