久保田(くぼた)「吟醸」生原酒

シェアする

久保田(くぼた)「吟醸」生原酒

 昨晩は新潟県の朝日酒造株式会社さんが醸す、久保田(くぼた)「吟醸」生原酒をいただきました。

 この生原酒は、千寿スペックの生原酒バージョンとして2010年にリリースされました。かねてから自宅でじっくり飲んでみたいと思っていましたが、なかなかタイミングが合わず、購入できていませんでした。稲沢市の酒販店、酒商マルタカさんでようやく出会うことが出来ました。

 裏ラベルを見て、おや?っと思ったのが1830mlと言う容量。画像でも確認できますが、確かに液面が少し高い。ヘッドスペースを少なくすることで、あまり空気と触れないようにする工夫でしょうか。

 オフィシャルサイトの商品説明では…、

 しぼりたての生酒ならではの若々しさとスッキリ感、そして、原酒ならではのしっかりとした味わいが特長です。冬だけの限定商品となります。

 とあります。原酒ならではのしっかりとした味わい。久保田のスッキリ感を知っている人は、いつか生原酒も味わってみたいと思ったことでしょう。楽しみです。

 開栓後二週間が経過しています。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。色はほとんどなく、綺麗に澄んでいます。

 上立ち香は程よく穏やかに、マスカットを思わせるように香ります。後からほんのりバナナも出てきました。嫌みなく香る、いい感じです。

 含むと、おお?、程よく膨らむ甘味。厚みがあると言うほどではないが、これまでの久保田のイメージとは異なります。あの久保田が今風のイメージに少し寄せてる。そしてこれまでに感じたことのない、僅かなフレッシュ感。なんかイイ!。

 もう一度注意深く含む。ほんのり感じる、芳香族感。これも力強いと言うほどではないものの、のびのびにならないように所々をキュッとしめている。飲み応えのある久保田♪、堪能させていただきました。旨いっす。

Powered by Google

夜明け前(よあけまえ)「純米吟醸」しずくどり生一本生酒 データ

醸造元 朝日酒造株式会社(新潟県長岡市)
使用米 麹米、五百万石50%精米、掛米、五百万石55%精米
日本酒度 +5
酸度 1.4
アルコール度 19度
仕込水 宝水(軟水)
杜氏 木曽健太郎 郷正博
製造年月 2017/01
容量 1830ml
価格 3,120円(税別)
購入 酒商マルタカ

久保田(くぼた)「吟醸」生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 新潟県 > 久保田(くぼた)朝日酒造株式会社

朝日酒造株式会社さんオフィシャルサイト

久保田(くぼた)「吟醸」生原酒に関するブログ

2005/04/24 ※1.久保田(くぼた)「特別本醸造」千寿

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事