孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」袋取り

シェアする

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」袋取り

 昨晩は愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」袋取り生原酒をいただきました。
 上立ち香は、ま?るく漂いほんのりバナナのようにも感じる香り。含むと生原酒を忘れさせてくれそうな落ち着いた綺麗な味わいで、奥の方から少しずつ旨みがあふれてきます。酸味があまり感じないため、なんとなくゆったりと楽しめるお酒に仕上がってます。んまい♪

 愛知県のお酒は非常に面白く、大きくわけると三河酒と尾張酒があります。三河酒は静岡吟醸にも通じるような酸が少なく綺麗な落ち着いた味わいのお酒で、尾張酒は奈良県や大阪のお酒に通じるような、酸が高めでしっかりした味わい。愛知県に住む自分にとって、この両方の特徴あるお酒を地元で楽しめて幸せです。

(ここで言う特徴はおおまかなもので、明確に分かれるわけではありません。)


孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」袋取り データ

醸造元:合資会社柴田酒造場(愛知県額田郡額田町)
使用米:五百万石50%精米
アルコール度:16.0~16.9
仕込み水:神水地区井戸水(軟水)
杜氏:寺谷進

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」袋取りに関するリンク

孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」袋取り(日本酒ラベル)
中部地方地酒特集 > 孝の司(こうのつかさ)合資会社柴田酒造場商品一覧
柴田酒造場さんオフィシャルサイト

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事