黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい

 昨晩は福井県の黒龍酒造株式会社さんが醸す、黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらいをいただきました。ラインナップが一新されたので、順に紹介していくシリーズ第三弾です。

 リニューアルについてのテーマは、先日アップした、※黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号2015をご一読ください。

 小容量化の推進と言うことで、4合瓶がお値打ちになっております。極力4合瓶で購入し紹介していきます。「いっちょらい」とは何ぞや?に関しては、ちょうどオフィシャルサイトに説明がありました。

「いっちょらい」とは福井の方言で「一張羅」のこと。福井県産五百万石で仕込んだ心地よい吟醸香とくせのない旨さが人気の定番吟醸酒です。

 とあります。さて、心地よい吟醸香とくせのない旨さとは…。「吟醸」いっちょらいを自宅でじっくり飲むのは初めて、楽しみです。

 上立ち香は、非常に穏やかでほんのりバニラのように香ります。僅かながらコックリとした栗も混ざる。含むと…、あれ?。想定以上のフラットな美しい口当たりに、驚いているうち収束。もう一度注意深く含む。穏やかな甘味の後、なめらかに音もなく滑って行く様は、あの本丸を思わせるよう。これは確かに癖の無い旨さ。

 絶対的に冷やが良いのであろうが、温度を少し上げてみる。香りは気にしないつもりであったが、これまた想定外に悪くない。含むと、起伏が激しくなるわけではないものの、ややわかりやすい甘味をふっと舌に乗せてくれる。その後は冷やの時同様、滑っていきます。う~旨いっす。



黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい データ

醸造元 黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町)
使用米 福井県産五百万石55%精米
アルコール度 15度
仕込水 九頭竜川伏流水(軟水)
杜氏 畑山浩
製造年月 2015/05下
容量・価格 720ml・1,150円(税抜き)
容量・価格 1.8L・2,450円(税抜き)
購入 酒のきまた

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらいに関するリンク

由紀の酒日本酒ガイド > 黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらい
黒龍醸造さんオフィシャルサイト

黒龍(こくりゅう)「吟醸」いっちょらいに関するブログ

黒龍(こくりゅう)「吟醸」吟十八号2015




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。