黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」垂れ口

シェアする

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」垂れ口

 昨晩は福井県の黒龍酒造株式会社さんが醸す、黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」垂れ口薄にごり生原酒をいただきました。ラインナップが一新されたので、何とかして入手し順に紹介していくシリーズ第十四弾です。

 今回のリニューアルでは、この季節の酒シリーズがもっとも大きく変更されています。2月に発売されるこのお酒は、以前は「吟垂れ」と言う愛称で酒好きの間では親しまれてきましたが、グレードアップし純吟垂れ口となりました。

 生酒は「火いら寿」、原酒は「吟醸ひやおろし」がありますが、垂れ口はデフォルトの黒龍シリーズの中では珍しい生原酒のラインナップです。

 黒龍酒造さんオフィシャルサイトの商品説明には…

 槽口から流れる純米吟醸のうすにごり新酒を生のまま瓶詰いたしました。しぼりたて原酒独特のみずみずしさ溢れる味わいをお楽しみください。[ 季節限定品 ]2月販売予定

 とあります。独特のみずみずしさ溢れる味わいはいかに。

 上立ち香は心地よく、青りんごを思わせるように香ります。リンゴの中でも爽やかさを感じる分の青りんご♪、いい香りが出ています。

 含むと、程よいバランスの甘味と酸味。先日飲んだ※本醸造垂れ口の粘度のある甘味から勝手に想像していた甘味は、想定外に落ち着いていて酸の裏にうまくかくれんぼ。その分すっきりと飲ませてくれます。

 もう一度注意深く含む。原酒らしいメリハリと爽やかな旨味は、後半でもてきぱきと仕事をし僅かな余韻を残して消えていきます。

 いつの間にか空になった一合蛇の目に、躊躇なくもう一度注ぐ。今度は薄にごりの部分も混ぜて…。あては山菜のてんぷら。油と塩と山菜のほろ苦さが残る口中に、メリハリ爽やかが流れ込んでくる。やっぱ吟垂れうめぇ~。う~ん旨いっす。

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」垂れ口 データ

醸造元 黒龍酒造株式会社(福井県吉田郡永平寺町)
使用米 福井県産五百万石55%精米
使用酵母 蔵内保存酵母
日本酒度 +5
酸度 1.4
アルコール度 17度
仕込水 九頭竜川伏流水(軟水)
杜氏 畑山浩
製造年月 2016/02上
容量 720ml
価格 1,400円(税別)
購入 酒のきまた

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」垂れ口に関するリンク

※2016/01/26 黒龍(こくりゅう)「本醸造」垂れ口
日本酒ガイド > 福井県 > 黒龍(こくりゅう)黒龍酒造株式会社
黒龍醸造さんオフィシャルサイト

黒龍(こくりゅう)「純米吟醸」垂れ口に関するブログ

酒興日和 > 黒龍 純米吟醸 垂れ口

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事