清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁23BY

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁23BY

 昨晩は新潟県の久須美酒造株式会社さんが醸す、清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁をいただきました。漫画「夏子の酒」のモデルとなったことでも知られるこのお酒は、文字通り由紀の酒-日本酒談義-の始まるきっかけとなったお酒です。

 20年ほど前になるでしょうか。兄貴夫妻と一緒に野沢温泉にスキー旅行に行きました。兄貴が今回の旅行はスキー以外にもう一つ目的があって、とある居酒屋で飲むことができる「亀の翁」を楽しみにしているということでした。

 居酒屋にたどり着き人数分注文すると、「一杯5,000円ですが、よろしかったですか?」と言われたのが今でも忘れられません。結局二人で一杯に注文しなおし、七尺ほどのお酒を由紀さんと分けて飲みました。水みたいにシュッと飲めて、あっと言う間だったと記憶しています。

 そして前回飲んだのは?と調べてみると7年前。ん~年はとりたくないものです(笑)。また、このお酒に出会えた幸せ。酒のひろせさんに感謝です。

 上立ち香は、心地よくメロンのように香ります。以前の印象からすると幾分華やか♪。含むと、う!美しい。久しぶりのとびっきり感。綺麗です。冷えた状態ではスレンダーなボディで、非常にほのかに甘味を見せたかと思いきや、スパンとキレて跡形もないといった感じ。常温に近くなると、ぽっちゃりとはいかないまでも、先ほどよりもふくよかな甘味が魅力的です。鍛え上げられた感じのボディ。引き際もあざやかです。相変わらず旨いっす♪

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁23BY データ

醸造元 久須美酒造株式会社(新潟県三島郡和島村)
使用米 亀の尾40%精米
日本酒度 +4
酸度 1.3
アミノ酸度 1.0
アルコール度 16度以上17度未満
仕込み水 軟水
杜氏 星清次郎
製造年月 24/04
冷蔵庫出年月 25/09
容量 720ml
価格 4,000円(税込み)
購入 酒のひろせ

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁の以前のレビュー

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁15BY

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁

 昨晩は新潟県の久須美酒造株式会社さんが醸す、清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁をいただきました。漫画「夏子の酒」のモデルとなったことでも知られるこのお酒は、復刻米「亀の尾」で仕込まれています。

 上立ち香は、早熟なシャッキリ感を伴うメロンのように香ります。含むと、キリっと一本筋の通った綺麗な造りで、ほんのり甘味が後から舌の上で踊ります。温度が上がってくると一本の筋がやや太くなったかのようで、かすかに見えてきた熟成感や丸みがこのお酒の深みを表現しているかのよう。相変わらず旨いっす♪

 漫画「夏子の酒」と言えば、尾瀬あきら先生がビックコミックオリジナルの新年号から、日本酒漫画「蔵人(クロード)」を新連載されております。皆さんはもう読まれましたか?

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁15BY データ

醸造元:久須美酒造株式会社(新潟県三島郡和島村)
使用米:亀の尾40%精米
使用酵母:協会9号酵母
日本酒度:+4
酸度:1.3
アミノ酸度:1.0
アルコール度:16.0~16.9
仕込水:軟水
製造年月:16/04
冷蔵庫出年月:17/02
杜氏:星清次郎
720ml 4,000円(税込み)

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁23BYに関するリンク

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁(日本酒ラベル)

久須美酒造株式会社さんオフィシャルサイト




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。