紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」

紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」
 昨晩は和歌山県の平和酒造株式会社さんが醸す、紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」をいただきました。前回、前々回で紹介した「純米」「純米吟醸」に続きKIDシリーズ第三弾です。裏ラベルの口上は「純米」と同じでしたので割愛いたします。※紀土-KID-(きっど)「純米」を参照ください。

 上立ち香は心地よく華やかでメロンのように香ります。ちょっとリンゴも混ざるか?、純米大吟醸らしくこれまでの中ではもっとも香り高い。純米や純米吟醸と共通するかのような、奥の方からじわじわと出てくるバランスの良い香りです。

 含むと、何とも今風のメリハリのある甘味。じゅわっと出てくる味わいも強めで、満足感を感じさせてくれます。しかし後半は大吟醸らしく、綺麗に引いていきます。いいっすねーこの甘味♪。旨いっす。

 ここで気になったのが、香りの強さが想定通りの特定名称順、純米大吟醸>純米吟醸>純米なのに対し、本来逆であるべき味わいの強さが同様に純米大吟醸>純米吟醸>純米に感じたこと。飲み比べたわけではなく個々に飲んだ印象ですので、先入観とのギャップでそう感じたのかもしれませんが。次回は大吟醸も交えて飲み比べてみます。

 三種類目となった純米大吟醸でしたが、紀土の幅が広がった感じがしました。前回までで感じたブランドストーリーも、ソリッドな旨みだけでなく芳醇な甘味も加わり、この銘柄の今後を楽しみと思わせてくれました。ブランディングとしての統一感はどうかとも思われますが・・・。それにしてもこの純米大吟醸もお値打ちやなぁー。



紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」 データ

醸造元:平和酒造株式会社(和歌山県海南市)
使用米:山田錦50%精米
アルコール度:15.0~15.9
仕込み水:高野山系紀ノ川支流貴志川伏流水
醸造責任者:柴田英道(社員杜氏)
製造年月:27/02
容量:720ml
価格:1,400円(税抜き)
購入・・・酒やの鍵本

紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」に関するリンク

紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」(日本酒ラベル)
平和酒造株式会社さんオフィシャルサイト

紀土-KID-(きっど)「純米大吟醸」に関するブログ

2015/03/11 ※紀土-KID-(きっど)「純米」
2015/03/14 紀土-KID-(きっど)「純米吟醸」




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。