開運「波瀬正吉」飲み比べ

シェアする

開運「波瀬正吉」飲み比べ

 昨日は下の娘、結衣の入園式。おめでとう!ってことで夕飯の食卓にはちらし寿司。お酒はとびっきりの波瀬正吉で乾杯いたしました。

 静岡県清酒鑑評会吟醸の部知事賞受賞HD-1単体の4号タンク斗瓶番号ハ。3年連続由紀の酒ベストオブザイヤーに輝き殿堂入りとなった、全国出品酒となる6号タンク斗瓶番号ハ。静岡県清酒鑑評会純米の部一位入賞のHD-1、New5合醸の7号タンク斗瓶番号ハ。の3種類の飲み比べです。
 HD-1、M310の合醸6号タンクは、開栓間もないこともあってかほんのり若さを思わせる酸を感じ、まだ開いていない印象。
 HD-1単体の4号タンクは、3種中もっともジューシーで生原酒らしさを思わせるも、このお酒のピークはもっとも遅そうな印象。
 唯一純米のHD-1、New5の合醸7号タンクは、もっとも落ち着きのある綺麗なお酒に仕上がっており、秀逸のスベリを見せる。

 いずれのお酒も素晴らしい出来ながら、これほどわかり易い差があるとは想像していませんでした。現時点でのNO.1は7号タンクですが、由紀さんや父はHD-1単体の4号タンクも結構気に入っていたようです。今後の変化が楽しみです。
 何とも贅沢な飲み比べでした。

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事