加賀鳶(かがとび)「純米吟醸」

シェアする

加賀鳶(かがとび)「純米吟醸」

 昨晩は石川県の株式会社福光屋さんが醸す、加賀鳶(かがとび)「純米吟醸」をいただきました。福光屋さんと言えば、我が家が本格的に日本酒の虜になった当初(2001年)に万単位の石高の蔵としては初の全量純米化をされたことでも知られている。ちょうど先日、JR名古屋高島屋さんの試飲販売の時に蔵の方と話す機会があったが、「石高は今でも多いが消費のほとんどが地元です。」とのことだった。裏ラベルには・・・

伝統の吟醸造りで丹念に仕込んだ純米吟醸酒です。豊かに広がる吟醸香と、やわらかくふくらむ米の旨味が生きた、キレのよい飲み口が特長です。

 とあります。さて地元に愛される、伝統の吟醸造りはいかに・・・

 上立ち香は、穏やかにマスカットの様に香ります。大人しかったのでスワリングすると、香りに芳香族感が出てきました。含むと、スッキリ軽快な飲み口の奥の方に見え隠れするほんのり甘酸。後半は軽い分、早く収束を向かえます。ん~いい感じのキレです。

 次に常温まで放置してみました。ほんのり甘酸の後に、米由来の旨みが見えてきました。後半の余韻も少しだけ伸びて見せてくれました。まるで小鳥が羽を伸ばしたかのような愛らしさ。旨いっす。スッキリと切れ良く飲みたい方は、冷酒の方が幸せになれます。

 

加賀鳶(かがとび)「純米吟醸」 データ

醸造元:株式会社福光屋(石川県金沢市)
使用米(使用割合):兵庫県多可町中区産山田錦60%、長野県下高井郡木島平産金紋錦40%
精米歩合:50%精米5割、60%精米5割
日本酒度:+4
酸度:1.4
アルコール度:16度
仕込水:霊峰白山伏流水「百年水」(軟水)
杜氏:板谷和彦
瓶詰:EKB2015/02
容量:720ml
価格:1,490円(税別)
購入:頂き物

加賀鳶(かがとび)「純米吟醸」に関するリンク

加賀鳶(かがとび)「純米吟醸」(日本酒ラベル)
株式会社福光屋さんオフィシャルサイト

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事