磯自慢(いそじまん)「特別本醸造」生酒原酒

磯自慢(いそじまん)「特別本醸造」山田錦生酒原酒

 昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「特別本醸造」山田錦しぼりたて生酒原酒をいただきました。

 磯自慢と言えば、最高峰の※1中取り35がいろいろなメディアでも紹介され、サミットでも使われるなどその酒質の高さは既に知られています。

 由紀の酒では幸運なことに、いろいろな磯自慢を堪能させていただいておりますが、取り扱いがある酒販店が近くに無いため、お取り寄せ以外なかなか飲めない銘柄です。今回は由紀の酒突撃隊長のMASAさんに声かけしていただけたので、久しぶりに自宅でじっくり味わえます。裏ラベルには・・・

 特別本醸造生酒原酒「磯自慢」は、酒造好適米、特A地区産山田錦を高度に精白し、南アルプス間ノ岳を源泉とする名水大井川伏流水を用いて、冷蔵仕込室で低温でゆっくりと発酵させます。長年蓄積した独自の麹造りと優良な酵母(自家培養)を利用、丹精を込めて手造りした日本酒はフレッシュさの中にもまるい味わいを持ち、さわやかな吟醸香を漂わせるしぼりたての生酒原酒です。旬の味を冷やしたまま御賞味下さい。

 とあります。フレッシュさの中のまるい味わい♪楽しみです。

 上立ち香は上品にバナナ、白桃のように甘味を伴うかのように香ります。香りだけでもすでに本醸造ということを忘れさせてくれます。それもそのはず裏ラベルを見ると、吟醸とうたっても差し支えのないスペックが書かれています。含むと、しぼりたて生酒原酒と言う言葉からは想像もできないほどの、落ち着いた穏やかな優しい甘味。なるほど口上通りのまるい味わいです。ここまでは高濃度のアルコール度数を感じさせません。

 後半は滑らかさを表現しつつ、じんわりと引いて行きます。んんん~ブラインドで飲ませたらいろいろな人をだませそうです(笑)。旨いっす。

 いや~、旨い!。本醸造でこの酒質!。前半の印象だけなら大吟醸クラスを思わせます。結局後半まで高いアルコール度数を感じさせることはありませんでした。中取り35を思わせる、ある意味危険なお酒です。中取り35と言えば、※2あの10年垂直は夢見心地でした。もう二度とあんな体験はできないだろうなぁと思っておりましたが、あれから早くも5年。アダージョも含めてすでに10本、酒名古屋さんは持ってるそうです。酒名古屋さん、そろそろだっけ?、絶対呼んでね♪。



磯自慢(いそじまん)「特別本醸造」山田錦しぼりたて生酒原酒 データ

醸造元 磯自慢酒造株式会社(静岡県焼津市)
使用米 麹米、掛米共、兵庫県特A地区東条町特等山田錦
精米歩合 麹米、55%、掛米、60%
使用酵母 NEW-5(静岡酵母)
日本酒度 +6
酸度 1.2
アルコール度 18度以上19度未満
仕込水 大井川伏流水
杜氏 多田信男
製造年月 2015/02
容量 1.8L
価格 3,508円(税込、遠方は送料の違いあり)
購入 MASAさんにお願いしました。

磯自慢(いそじまん)「特別本醸造」山田錦しぼりたて生酒原酒に関するリンク

磯自慢(いそじまん)「特別本醸造」生酒原酒(日本酒ラベル)
磯自慢酒造株式会社さんオフィシャルサイト
※1磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」中取り35
※2磯自慢(いそじまん)中取り35(10年垂直)




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。