磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」

シェアする

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」

 昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」をいただきました。

 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(かおるとき)、磯自慢(いそじまん)「吟醸」に引き続き、まだ自宅で飲むことができていなかった磯自慢を、順に飲んでいくシリーズ第三弾です。由紀の酒突撃隊長のMASAさんが入手してきてくれたので飲むことができます。感謝♪

 サミットで使用され知名度が上がっていることで、価格が高くなっているとの指摘を受けました。ブログに記載している価格は、実際にMASAさんが購入した価格ですが、静岡県内と県外では送料の分か?、微妙に違うようです。あきらかに高額な場合はプレミア価格ですのでお気を付けください。

 さて、例によって裏ラベルの文言も引用しておきます。

 純米吟醸「磯自慢」は、特A地区産山田錦を高度に精白し、南アルプス間ノ岳を源泉とする名水大井川伏流水を用いて、吟醸冷蔵仕込室で低温でゆっくりと発酵させます。長年蓄積した独自の麹造りと優良な酵母(自社保存株)を利用、丹精を込めて手造りされた絶品です。豊かなる吟味香、まろやかな味をお楽しみ下さい。かならず冷やしたまま御賞味ください。

 とあります。豊かなる吟味香、まろやかな味。楽しみです。

 上立ち香は、先日の吟醸と比べると穏やかながら心地よく、バナナの様に香ります。穏やかと言っても微差で、いい香りが出ています。

 含むと、綺麗。何とも美しい。純米吟醸でここまで綺麗なら、飲んだはずの大吟醸ってどんなだっけ?と、ついつい比べたくなる。心地よい甘味はあるが、楽しませてくれるのは僅かな時間

 もう一度注意深く含む。吟醸と比べると飲み頃がまだ先で、これからさらに味乗りするのかもしれないが、若いと言う印象ではない。後半でも苦みや酸が凸出することもない。含むたびに触り心地のよい羽毛で、顎のリンパの辺りを一回だけ撫でていなくなる。ハイ!、磯自慢中毒患者の出来上がり。旨いっす。

[hidepost=1]1.72/2.00[/hidepost]

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」 データ

醸造元 磯自慢酒造株式会社(静岡県焼津市)
使用米 麹米、兵庫県特A地区東条町産特上・特等山田錦50%精米
掛米、兵庫県特A地区東条町産特上・特等山田錦55%精米
使用酵母 自社保存酵母
日本酒度 +4~+6
酸度 1.3
粕歩合 52%~57%
アルコール度 15度以上16度未満
仕込水 大井川伏流水(軟水)
杜氏 多田信男
製造年月 冷蔵庫取出日:28.8.01
容量 1.8L
価格 3,850円(税別、遠方は送料の違いあり)
購入 MASAさんにお願いしました。

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」に関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 磯自慢(いそじまん)磯自慢酒造株式会社

磯自慢酒造株式会社さんオフィシャルサイト

磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」に関するブログ

2017/01/06 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(かおるとき)

2017/01/10 磯自慢(いそじまん)「吟醸」

応援クリックお願いいたします↓


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、シェアしていただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事