磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breeze

シェアする

磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breeze

 昨晩は静岡県の磯自慢酒造株式会社さんが醸す、磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breezeをいただきました。

 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(かおるとき)、磯自慢(いそじまん)「吟醸」、磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」に引き続き、まだ自宅で飲むことができていなかった磯自慢を、順に飲んでいくシリーズ第四弾です。由紀の酒突撃隊長のMASAさんが入手してきてくれたので飲むことができます。感謝♪

 オフィシャルサイトによると、兵庫県東条の中でも、少分谷(しょうぶだに)の特上”山田錦”を100%使用。自家保存の新酵母を使用した新商品です。

 ブログに記載している価格は、実際にMASAさんが購入した価格ですが、静岡県内と県外では送料の分か?、微妙に違うようです。あきらかに高額な場合はプレミア価格ですのでお気を付けください。

 さて、例によって裏ラベルの文言も引用しておきます。

 純米大吟醸42磯自慢は爽やかな春風の季節の限定品としてお届けさせていただきます。このお酒は酒米に最好適の兵庫県東条少分谷産山田錦特上米を使用、精米歩合42に高精白して、南アルプス間の岳を源泉とする名水大井川伏流水(軟水)を用いて低温(5℃~11℃)で、ゆっくり大切に醗酵させました。天保年間より蓄積した麹造り(約70時間におよぶ)と優良な自家保存酵母を使用、収量を度外視して造られたお酒は爽やかな自然の香りと、優しく丸い奥深い味わいを持ちます。[繊細、敏感な芸術品ですのでお飲みになるまでは必ず冷蔵庫で保管、開栓後は2~3日、1週間と味わいも変化いたします。どうぞお楽しみください。]

 とあります。豊かなる吟味香、味わいの変化も含め、楽しみたいと思います。

 開栓は2ヶ月前です。いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぎます。すっきりと透き通っています。

 上立ち香は、適度に華やかでマスカットからバナナへと変化していきます。開栓当初は、ややセメダインと言うか芳香族感がありましたが、徐々に変化していきました。いい香りが出ています。

 含むと、これこれ、この綺麗な甘味。強すぎず弱すぎず、spring breezeと言う名の通り、春の風よろしく爽やかに通り過ぎていきます。磯自慢らしく酸の圧はないので、後半は上品に引き上げていきます。

 もう一度注意深く含む。一口目より二口目が、さらにソフトで爽やか!。上品に歩み寄ってくる。ゆっくりと…、しかし大きな動き。姿勢が美しいので、ハードルが高そうだが、目が合うと何とも人懐っこい笑顔を返してくれます。旨いっす。

Powered by Google

磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breeze データ

醸造元 磯自慢酒造株式会社(静岡県焼津市)
使用米 兵庫県産東条少分谷産特上米山田錦42%精米
使用酵母 自社保存新酵母
日本酒度 +5
酸度 1.15
粕歩合 60%
アルコール度 16度以上17度未満
仕込水 大井川伏流水(軟水)
杜氏 多田信男
製造年月 冷蔵庫取出日:2017.02
容量 720ml
価格 4,899円(税別、遠方は送料の違いあり)
購入 MASAさんにお願いしました。

磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breezeに関するリンク

日本酒ガイド > 静岡県 > 磯自慢(いそじまん)磯自慢酒造株式会社

磯自慢酒造株式会社さんオフィシャルサイト

磯自慢(いそじまん)「純米大吟醸」42 spring breezeに関するブログ

2017/01/12 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」

2017/01/06 磯自慢(いそじまん)「純米吟醸」大井川の恵み・薆瞬(かおるとき)

2017/01/10 磯自慢(いそじまん)「吟醸」

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事