百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)無濾過生原酒

シェアする

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)無濾過生原酒

 昨晩は岐阜県の株式会社林本店さんが醸す、百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)無濾過生原酒をいただきました。

 四本購入した百十郎を順に紹介していくシリーズ第三段です。三年前はこのお酒も秋田酒こまちの仕込みだったそうですが、確保が難しくなったため、山田錦と五百万石の仕込みに切り替わっています。ただし、今回のラベルには詳細がないので定かではありません。

 黒い歌舞伎ラベルが何とも目を引きます。ジャケ買いする人も結構いるのではないでしょうか。海外への出荷もされているようですが、海外でも人気の出そうなラベルです。

 上立ち香は心地よく穏やか目で、メロンのように香ります。意外にも先日の秋田酒こまちの方が香り高く感じるが、これはこれで落ち着いたいい香りが出ています。

 含むと、これまでの百十郎もそうだったように、決して甘味が先にたつことはないものの、丸みある酸の後ろからにじみ出てくるようなほのかな甘味。そしてシリーズの中ではもっとも溶け出したような甘味は、気持ちがいいほど全体に馴染んでいる。

 もう一度注意深く含む。突出するものがなく、しみじみと飲んでいると特徴のある酸がジンジンくるような旨さ。後半は余韻が僅かな伸びを見せ、全体像を整えている。それはまるで、水墨画で見事に描かれた松の枝振りが良く、背景の山河とバランスを取っているよう。旨いっす。

 純米大吟醸の生酒ですが、完全な食中酒のイメージでした。他にいろいろなお酒があったりするシーンでは、隠れてしまいこのお酒の良さに気づけないかもしれません。事実飲み比べた時は、秋田酒こまち桜バージョンに隠れてました。

 んで、結局どっちが旨かったのか?、赤面(あかづら)もUPするときに、究極の選択をしたいと思います。

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)無濾過生原酒 データ

醸造元 株式会社林本店(岐阜県各務原市)
使用米 麹米、山田錦50%精米、掛米、五百万石50%精米
アルコール度 16度
仕込水 長良川伏流水(軟水)
杜氏 坂井俊
製造年月 2016/01
容量 720ml
価格 1,898円(税別)
購入 酒のひろせ

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 岐阜県 > 百十郎(ひゃくじゅうろう)株式会社林本店
↑CommingSoon.
株式会社林本店さんオフィシャルサイト

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)に関するブログ

2016/03/23 百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」白金(はっきん)
2016/03/26 百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米吟醸」秋田酒こまち無濾過生原酒

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事