百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米」赤面(あかづら)無濾過生原酒

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米」赤面(あかづら)無濾過生原酒

 昨晩は岐阜県の株式会社林本店さんが醸す、百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米」赤面(あかづら)無濾過生原酒をいただきました。

 四本購入した百十郎を順に紹介していくシリーズ第四段です。赤の地に白で隈取(くまどり)が書かれていてインパクトがあります。百十郎さんが酔ったようなラベルですが、それもそのはず!シリーズの中ではアルコール度数も17度と高めです。

 無濾過生原酒なので、グランドに色がついていますが、火入れバージョンになると反転して、白のグランドに赤の隈取(くまどり)となるようです。ただでさえ目立つラベルなんですが、いろいろなスペックを揃えて並べるとインパクトありそうですね。

 酒販店さんのWEBサイト情報では、12号酵母で醸されていると書かれていました。泡ありの酵母のみと記憶しているのですが、泊り込んで仕込みの経過をぜひ見させていただきたいものです。泡なし酵母の造りも見たいけど…。

 オフィシャルサイトの説明では、

すっきりとした爽快な辛さと共に旨味も感じられるお酒

 とあるように、日本酒度も相当切れているようで、情報では+12となっています。辛口と銘打っているお酒は久しぶりで楽しみです。

 上立ち香は穏やかで、バナナの様に香ります。このバナナも、一合蛇の目猪口のヘッドスペースが少ないときには判断できませんでしたが、半分くらいまで飲み進んでスワリングし見つけた香りです。含み香も印象に入っているかもしれません。

 含むと、事前情報で入ってしまっていた辛口と言うイメージはいい意味で裏切られ、丸みのある旨味が主体となり、ドライな印象はそれほど強くありません。しかしこれまで飲んだ4種類の全てのスペックに共通して言える、甘味は抑え目。

 こりゃ完全に食中酒♪、ってことで、食事をすすめつつ飲む。アテは鶏もも塩焼き。ほんのり塩分が入っただけで、赤面(あかづら)は本領発揮します。鶏うめ~、酒、馴染むぅ~、鶏香ばしぃ~、酒、すすむぅ~。酒はいつしか2杯目へ…。温度も常温になっています。これか?、これなのか?、飲み飽きしないということは!。旨いっす。

 普段は量を飲まない(飲めない)筆者ですが、この日は量も増えてしまいました。

 んで、4種類の中では結局どれが一番好みだったのか?、白金(はっきん)はもちろん素晴らしいのですが、今回は※秋田酒こまち桜バージョンに軍配を上げます。秋田酒こまちは、精米歩合の割りに酒粕いっぱい出ちゃいましたってイメージのお酒でした。


百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米」赤面(あかづら)無濾過生原酒 データ

醸造元 株式会社林本店(岐阜県各務原市)
使用米 国産米70%精米
アルコール度 17度
仕込水 長良川伏流水(軟水)
杜氏 坂井俊
製造年月 2016/01
容量 720ml
価格 1,298円(税別)
購入 酒のひろせ

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米」赤面(あかづら)無濾過生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 岐阜県 > 百十郎(ひゃくじゅうろう)株式会社林本店
↑CommingSoon.
株式会社林本店さんオフィシャルサイト

百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米」赤面(あかづら)無濾過生原酒に関するブログ

2016/03/23 百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」白金(はっきん)
※2016/03/26 百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米吟醸」秋田酒こまち無濾過生原酒
2016/03/30 百十郎(ひゃくじゅうろう)「純米大吟醸」黒面(くろづら)




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。