蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」和

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」和

 昨晩は愛知県の関谷醸造株式会社さんが醸す、蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」和をいただきました。

 先日紹介した「純米吟醸」和、熟成生酒が、生のまま一年熟成させたお酒であるのに対し、こちらは火入れの通常版となります。自宅でじっくりと飲むのは久しぶりです。ブログで紹介していないところを見ると、2003年以来か。

 酒銘「和」の由来は、“和醸良酒”「和は良酒を醸す」から。蓬莱泉の特徴的な漢字一文字シリーズ「純米吟醸」です。美は純米大吟醸に、夢山水はラインナップから消えているので。貴重な位置づけになっています。

 オフィシャルサイトの説明は…

 米の甘味と旨味が口いっぱいに広がり、それを酸味がさらりと消していく、甘味とキレを両立したお酒です。どんな酒肴とも相性がいいので、家呑みでちょっと贅沢をしたいときにはおすすめです。

 とあります。甘味とキレの両立、楽しみです。

 上立ち香は、穏やかで白桃を思わせるように香ります。思い描いていたよりはお淑やかで上品な香り。含むと、先日紹介した生熟成の和とはあきらかに違う引き締まった味わいで、甘味は存在するものの僅かでキリリとしています。その分後切れはよく、すっきりと引いていきます。飲みやすい!。

 もう一度注意深く含む。食が進んだことが影響してか?、先ほどよりは馴染みのある甘味がふつふつと顔を出すが、全体的な印象を大きく変えず、食材を選ばない優等生のイメージ。しかしこれがまた見事に嫌味はなく。食に寄り添う。

 翌日です。開栓後の時間を置いたことで、結構変わりました。香りの出方もやや強く、心地よい程度に香ります。含むと、引き締まったイメージは薄れ甘味の押し出しを酸の下支えと共に感じる。メリハリのある甘酸♪、これもまた旨いっす。


蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」和 データ

醸造元 関谷醸造株式会社(愛知県北設楽郡設楽町)
使用米 麹米、山田錦50%精米、掛米、チヨニシキ50%精米
アルコール度 15度
仕込水 奥三河湧き水(軟水)
杜氏 遠山久男
製造年月 2015/06/02
容量 720ml
価格 1,600円(税別)
購入 酒のきまた

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米吟醸」和に関するリンク

由紀の酒 > 日本酒ガイド > 蓬莱泉(ほうらいせん)関谷醸造株式会社
関谷醸造株式会社さんオフィシャルサイト




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。