豊盃(ほうはい)「普通酒」雪燈籠(ゆきどうろう)活性にごり酒

豊盃(ほうはい)「普通酒」雪燈籠(ゆきどうろう)活性にごり酒
 昨晩は青森県の三浦酒造株式会社さんが醸す、豊盃(ほうはい)「普通酒」雪燈籠(ゆきどうろう)活性にごり酒をいただきました。弘前四大祭りの一つに数えられる弘前城雪燈籠祭りにちなんで名づけられたそうです。行ってみたいっすね~、もちろん蔵見学も含めて♪。

 写真でわかりますでしょうか?、活性にごり酒としては「もろみ」部分は少な目で下の方8mmくらいです。吹き出す恐れとのことでしたが、普通に開栓できました。しかし「プシュ!」と炭酸の抜けるいい音しました。

 上立ち香は穏やかながら甘味を伴うかのように吟醸らしく香ります。形容しがたいが、あえていうなら生八つ橋?。含むと、暴れると言うほどではないものの、活性らしくピチピチと炭酸の泡が細かく口中を刺激します。そしてジワリと伝わって来る好みの甘味。飲み進んで行っても低精米感が出てくることはなく、終始「普通酒」ということを忘れさせてくれます。むしろ可愛らしくほんのり膨らむ旨み。旨いっす。豊盃「ん」同様、この価格帯とは思えません。

 もっと温度が上がったら・・・、炭酸泉のように、低温(38℃くらいまで)であれば炭酸を持ったまま、さらに甘味を膨らますことができるかも♪。次回は瓶燗してみます。追記します。

2015/01/11 追記
 やってみました!瓶燗。口に触れると「あったかい♪」と感じるので38℃は少し超えたようです。しかし見事に炭酸は持ったまま。甘味の強さは大きくは変わらなかったものの、ふんわりと膨らむ感じが増したようで満足です。飲み進んでいくと、温かいと感じなくなったところで、甘味が増しました。う~旨いやんけ~。燗冷ましもいけます。



豊盃(ほうはい)「普通酒」雪燈籠(ゆきどうろう)活性にごり酒 データ

醸造元:三浦酒造株式会社(青森県弘前市)
使用米:青森県産米(某WEB情報では、華吹雪60%精米、65%と言う情報も)
日本酒度:+3(某WEB情報)
酸度:1.2(某WEB情報)
アルコール度:15.0~15.9
瓶詰:26/11生
仕込水:自社井戸・岩木山の伏流水
杜氏:三浦剛史、三浦文仁
容量:720ml
価格:1,183円(税込み)
購入:ハヤシヤ

豊盃(ほうはい)「普通酒」雪燈籠(ゆきどうろう)活性にごり酒に関するリンク

豊盃(ほうはい)「普通酒」雪燈籠(ゆきどうろう)活性にごり酒(日本酒ラベル)
三浦酒造株式会社さんオフィシャルサイト




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。