豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベル

豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベル

 昨晩は青森県弘前市の三浦酒造株式会社さんが醸す、豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒、通称レインボーラベルをいただきました。

 年始の東北酒蔵見学ツアーの時に、三浦酒造さんに寄って購入してきたものです。女将さんに「数が少なくこの時期限定になってしまうことから、毎年このお酒を楽しみにしている人も多いんですよ。」と教えていただいた商品です。豊盃米を39%まで磨いた純米大吟醸と言うのも、初体験なので楽しみです。

 正面から見るとラベルのセンター部分はオレンジ色に見えますが、角度がつく両サイドはグリーンに見えます。見る角度によって様々な表情を魅せてくれるラベルです。

 はたして味わいも様々な表情を魅せてくれるのか?、開栓は2017/02/13月曜日です。

 上立ち香は、穏やかでを思わせるように香ります。吟醸グラスに移し替え、スワリングして見つけた香りです。

 含むと、お?、先日の純米大吟醸の蔵限定に通じるような旨み主体で、甘味は少な目。磨き込んだ綺麗さから酸や味も多くはなく、スッキリと切れていきます。なかなかに美しい

 もう一度注意深く含む。拒絶されると甘味を求めて追いかけたくなるもので、いろいろとツンツン突っついたりするが、なかなか崩れてきません。僅かとは言え、酸で枠を形成しています。さらに甘えながらツンツンしていると、常温まで来たところでようやく見せてくれた笑顔。「もうしょうがないなぁ♪」と言う表情。とろけそうです。

 二回目のデート、開栓3日後です。開栓直後より香りも開いたのか、マスカットを思わせます。含むと、僅かに増したかと思われる甘味。しかし基本線は変わらず、背筋は伸び、顎を引いているラインが美しい。旨いっす。



豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベル データ

醸造元 三浦酒造株式会社(青森県弘前市)
使用米 豊盃米39%精米
使用酵母 協会1501号酵母
日本酒度 -1.0~+2.0
酸度 1.4~1.5
アミノ酸度 1.2~1.3
アルコール度 15度以上16度未満
仕込水 岩木山系伏流水(軟水)
杜氏 三浦剛史、三浦文仁
製造年月 H28/12
容量 720ml
価格 2,778円(税別)
購入 三浦酒造株式会社

豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベルに関するリンク

日本酒ガイド > 青森県 > 豊盃(ほうはい)三浦酒造株式会社

三浦酒造株式会社さんオフィシャルサイト

豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベルに関するブログ

もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録 > ◤豊盃 – 純米大吟醸 レインボーラベル 豊盃米…




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。