廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」

廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」

 昨晩は福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」をいただきました。

 先日紹介した※1.廣戸川「純米吟醸」とのスペック的な違いは、精米歩合が5%違うだけです。その味わいは、切れ味鋭いシャープさなのか?、ガツンと重いハードパンチャーなのか?、楽しみです。使用米は同様に夢の香です。夢の香については※1.廣戸川「純米大吟醸」夢の香に詳しく記載いたしましたので、併せてご参照ください。

 「純米吟醸」には、見事にノックアウトさせられましたが、はたして…。この「特別純米」は※2.SAKE COMPETITION 2016の純米酒部門でGOLDに輝いている逸材なので、挑戦してみたいと思います。自分もやや増量したので←マジ、パワーにはパワーで仕掛けてみます。

 上立ち香は、比較的穏やかで白桃のように香ります。栗のような香りも僅かに混ざる。この辺りは兄弟子の「純米吟醸」にも通じるが、主張は控え目。いかにも食事の邪魔をしない、いい感じのたたずまいです。目(蛇の目)を見ればわかる!。こいつもできる。

 含むと、先ほどの穏やかなたたずまいとは打って変わって、旨みが突進してきます。最初から全弾フルスイングかよ。やってくれるぜ。

 こちらは冷静に長ネギのジャブを繰り出す。当たる!、キレもいい。調子は上々だぜ。

 しかし、物足りないとばかりに突進は止まらない。小刻みに左右に体をスイング。幅のある動きだ。同時に甘味のフルスイングも止まらない。的がしぼりにくい。

 なめるなよ!、飲み込んでやるぜ!。フェイントを織り交ぜ、鶏もも肉を浴びせる。しかも柚子胡椒のおまけつきだ。

 キレのいい見事なダッキングでかわしにくるが、頭を僅かにかすめる。

 っと、ここで第一ラウンド(最初の一合)は終了。判定ではこちらが有利か?。

 第二ラウンド。相手の体も温まってきたようだ(人肌燗)。何とか主導権を握りたい。ダッシュして今度はこちらから攻勢に出る。シイタケ、シイタケ、シイタケ!

 しかし、滑る、滑る。なかなか魅せてくれるぜ。べた足ファイターなのに、何てバランスだ。

 負けてはいられない。回転を上げ、重いのを一発放り込んでやるぜ!。渾身の鶏もも肉!

 っとこれも見事に捌かれた瞬間、見えないところから、強烈なフックの旨みを叩き込まれる。爽やかに記憶が飛ぶ。旨いっす。

※コストパフォーマンス部門 由紀の酒 Best of the year 2016 入賞



廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」 データ

醸造元 松崎酒造店(福島県岩瀬郡天栄村)
使用米 福島県産夢の香55%精米
日本酒度 +2
酸度 1.4
アルコール度 16度
仕込水 釈迦堂川伏流水(軟水)
杜氏 松崎祐行(兼蔵元)
製造年月 2016/10
容量 720ml
価格 1,250円(税別)
購入 はせがわ酒店

廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」に関するリンク

由紀の酒 > 日本酒ガイド > 廣戸川(ひろとがわ)松崎酒造店

※2.SAKE COMPETITION 2016の純米酒部門

廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」に関するブログ

2016/10/25 廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」

SAKE COMPETITION 2016受賞酒を飲んだ感想

2016/05/22 二兎(にと)「純米吟醸」雄町五十五

2016/08/20 赤武(あかぶ)AKABU「純米吟醸」

2016/08/26 勝山(かつやま)「純米吟醸」献(けん)

2016/08/31 陸奥八仙(むつはっせん)「特別純米」



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。