羽根屋(はねや)「大吟醸」

シェアする

羽根屋(はねや)「大吟醸」

 昨晩は富山県の富美菊酒造株式会社さんが醸す、羽根屋(はねや)「大吟醸」をいただきました。

 正直、羽根屋の煌火(きらび)を飲むと、60%精米ながら「もうこれでいいじゃん♪」と思わせてくれます。しかし、※1.羽根屋(はねや)「大吟醸」金沢局優等賞受賞酒を飲んだときに、天辺を見ないでわかった気になったらいかんと言う事を思い出させてくれました。波瀬正吉を飲んだときのように…。

 今回の大吟醸はそれとは価格も違うのですが、同じ山田錦の40%精米、期待も大きいです。

 裏ラベルには…

 上品な吟醸香と絹のような口どけ、それでいて凛とした強さが芳醇な味わいとともに駆け抜ける。優雅にして、大胆。渾身の一滴、羽根屋大吟醸。

羽根屋蔵元四代目、杜氏 羽根敬喜。
魂をこめて醸すその酒は
手間を惜しまず 力の限りを尽くし
一滴一滴に全てを賭ける。
「羽根屋」想いを込めた一滴。

 と書かれています。職人肌の羽根敬喜氏が醸した逸品…、楽しみです。

 上立ち香は華やかにメロンを思わせるように香ります。香りの出方のバランスが、何とも嫌味なく心地よい。含むと…、そうだった、心して飲まないと置いていかれるほど綺麗。そしてもう一度含む、ほんのり甘味だが、凝縮された密度、肌理の細かさがあり、薄いという感じはしない。そして艶やかな曲線を描き収束。

 翌日です。開栓直後との変化はあまりなく、好みの香りの出方も相変わらず。綺麗な甘味で、落ち着いてじっくり飲んでいけるイメージです。いい酒でくつろげるひと時、至福です。

 ※2.羽根屋(はねや)「純米大吟醸」翼と飲み比べてみる。やや、若さのような雰囲気がある「翼」に対し、馴染むような甘さと、僅かながら見せる膨らみが流石の山田錦の大吟醸でした。旨いっす。

羽根屋(はねや)「大吟醸」 データ

醸造元 富美菊酒造株式会社(富山県富山市)
使用米 富山県産山田錦40%精米
アルコール度 16度
杜氏 羽根敬喜(兼蔵元)
製造年月 2015/10
容量 720ml
価格 2,880円(税別)
購入 はせがわ酒店

羽根屋(はねや)「大吟醸」に関するリンク

※1.羽根屋(はねや)「大吟醸」金沢局優等賞受賞酒
※2.羽根屋(はねや)「純米大吟醸」翼
日本酒ガイド > 富山県 > 羽根屋(はねや)富美菊酒造株式会社
富美菊酒造株式会社さんオフィシャルサイト

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事