羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけ

羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけ

 昨晩は富山県の富美菊酒造株式会社さんが醸す、羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけをいただきました。

 四季醸造の富美菊酒造さんの場合、ありがたいことに通年でしぼりたてに近い、※1.羽根屋(はねや)「純米吟醸」煌火(きらび)生原酒を飲むことができます。(このお酒は※2.由紀の酒 Best of the year 2013に輝いております。)半面、季節感が失われます。そんな季節感が欲しい方の為に出してくれました。実に4年ぶりのにごり生酒だそうです。

 ちなみに羽根屋さんでは、究極のしぼりたても※3.羽根屋(はねや)「純米吟醸」プリズム究極しぼりたてとして出しておられます。これも旨いんですよね~。また飲みたい。

 裏ラベルには、

雪解け水のように清らかでで、夢のように儚く淡い味わい。洗練されたエレガントな口あたりは、ワイングラスが似合う味わいです。

 とあります。夢のように儚く淡い味わい♪、いいっすね~。

 いつもの一合蛇の目猪口に五分目ほど注ぎます。まずは上澄み、ほとんど濁ることなく透明感のある部分を注げました。

 上立ち香は、程よく穏やかにマスカットを思わせるように香ります。やや芳香族感もほんのり入ってます。

 含むと、おお、羽根屋だぁ、何とも綺麗な甘味。旨みの量は多くはなく、シャープな分辛口の表情も見せる。ここのところで飲んでいる同価格帯のお酒の中ではスッキリ爽やかなイメージが強い。後半は比較的速やかに収束していきます。

 次にゆっくりと攪拌して濁り部分を混ぜます。一合蛇の目猪口に五分目ほど注ぎます。綺麗に白く霞ます。最近うすにごりのお酒を飲んでいなかったことに気付く。

 含むと、パウダー様の口当たりの中に、先ほどよりもコチっとした強めの旨みがのる。しみじみと旨みを確かめる。強めの旨みと言っても、決して重いわけではなく、白い羽根が広がったかのように爽やかに喉を撫でる。何とも居心地の良い空間。旨いっす。



羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけ データ

醸造元 富美菊酒造株式会社(富山県富山市)
使用米 五百万石60%精米
日本酒度 +3
酸度 1.3
アルコール度 15度
杜氏 羽根敬喜(兼蔵元)
製造年月 2017/04
容量 1.8L
価格 3,000円(税別)
購入 はせがわ酒店

羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけに関するリンク

日本酒ガイド > 富山県 > 羽根屋(はねや)富美菊酒造株式会社

富美菊酒造株式会社さんオフィシャルサイト

羽根屋(はねや)「純米吟醸」かすみざけに関するブログ

2016/08/15 ※1.羽根屋(はねや)「純米吟醸」煌火(きらび)生原酒28BY

2013/12/31 ※2.由紀の酒 Best of the year 2013

2016/07/20 ※3.羽根屋(はねや)「純米吟醸」プリズム究極しぼりたて



↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。