田酒(でんしゅ)「純米吟醸」百四拾桜ラベル

田酒(でんしゅ)「純米吟醸」百四拾桜ラベル

 昨晩は青森県の株式会社西田酒造店さんが醸す、田酒(でんしゅ)「純米吟醸」百四拾桜ラベルをいただきました。

 田酒も自分の住んでいる地域では、なかなかまともには購入できません。今回ははせがわ酒店さんのセット販売で、他には獺祭「50」♪、一ノ蔵「すず音」♪、一ノ蔵「華めくすず音」♪、ワイン1本、焼酎1本です。

 田酒オフィシャルサイトには、現在この純米吟醸シリーズが載っていません。他には「辨慶(べんけい)」、「華吹雪(はなふぶき)」、「秋田酒こまち」、白麹を使用した「白」などがあるようです。飲んでみたいものです。

 百四拾は以前に純米大吟醸とその生の2種類を飲んでいますが、この百四拾とは、華想いという酒米の系統名が青系酒140号だったことからで、青森県農林総合研究センターが、平成十四年に開発した酒造好適米です。

 山田錦と華吹雪を掛け合せたでとで、草丈が短く穂数がやや多いのが特徴で、麹(こうじ)作りの作業性がよく、ミネラル成分が多く、たんぱく質が少ない、それゆえ高級酒に向いているそうです。さて自宅で飲む田酒は実に1年半ぶり♪、楽しみです。

 上立ち香は比較的華やかでメロンの様に香ります。田酒として見ても華やかな部類に入るのではないでしょうか。我が家好みのいい香りが出ています。

 含むと、甘味と酸味のバランスが程よく、意外にも今風のメリハリがあります。少々派手な印象もあるが、そんなところも我が家好み♪。ジュワっとジューシーに口中に広がります。

 もう一度注意深く含む。ん~狙っているのでしょう!、まさにラベル通りの印象で桜ラベルと言いながら、カラーは桜色と言うより、鮮やかな色合い。しかし、甘すぎることなく何処か食との相性にも探りを入れているところが、心憎いです。そして後半のキレへとつなげている。うなります。ん~旨いっす。

※コストパフォーマンス部門 由紀の酒 Best of the year 2016 入賞



田酒(でんしゅ)「純米吟醸」百四拾桜ラベル データ

醸造元 株式会社西田酒造店(青森県青森市)
使用酵母 蔵内保存酵母
使用米 華想い50%精米
アルコール度 17度
仕込水 八甲田山系伏流水(軟水)
杜氏 細川良浩
製造年月 2016/03
容量 720ml
価格 1,810円(税別)
購入 はせがわ酒店

田酒(でんしゅ)「純米吟醸」百四拾桜ラベルに関するリンク

日本酒ガイド > 青森県 > 田酒(でんしゅ)株式会社西田酒造店

株式会社西田酒造店さんオフィシャルサイト

田酒(でんしゅ)「純米吟醸」百四拾桜ラベルに関するブログ

2008/05/20 田酒(でんしゅ)「純米大吟醸」百四拾 生

2007/12/19 田酒(でんしゅ)「純米大吟醸」百四拾

釣庵 (Tsuri-An) > 田酒 特別純米 百四拾 春限定 桜ラベル(青森)

170cm・87kg~メタボランナーの挑戦 > 青森の銘酒「田酒・純米吟醸・百四拾」

AIBOとたぁちゃん > 田酒・純米吟醸・百四拾・春ラベル




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。