伝心(でんしん)「純米大吟醸」First Class

シェアする

伝心(でんしん)「純米大吟醸」First Class

 昨晩は福井県の株式会社一本義久保本店さんが醸す、伝心(でんしん)「純米大吟醸」First Classをいただきました。

 一本義と言えば、先日の※1「春の地酒まつりin福井」でも、大吟醸熟成酒「一朋」や純米吟醸「雪」がとても美味しかったのを思い出します。今回、JR名古屋高島屋さんにて試飲販売をしていたので、3本ほど購入してきました。順に紹介していきます。

 このお酒はFirst Classとあるように、ANA国際線ファーストクラスで出されるお酒に選ばれています。どんなお酒が搭乗できるのか調べてみたら、ブラインドで決めるんですね。

 また、※2「2014年インターナショナルサケチャレンジ」において、純米大吟醸酒部門で5本選ばれた金賞の中から、さらに1本だけ選ばれる最高賞を受賞したお酒です。WEBサイトには…

 奥越前の契約栽培農家と共に丹精こめて育てた、酒米の王「山田錦」を原料米に使用。中心部分30%になるまで超高精米し、最上の手間隙をかけて純米大吟醸酒を醸しました。みずみずしく華やかな香り、口の中に広がる充実したふくらみ、そしてまろやかな一時の余韻。伝心シリーズ唯一の特別限定酒です。

 とあります。まろやかな一時の余韻♪楽しみです。

 上立ち香は心地よい程度の華やかさで、マスカットのように香ります。試飲の時には気が付かなかったが、藤の花のようでもある。何とも品の良い香りです。含むと、いかにもとびっきりらしい、優しく綺麗で美しい甘味。エレガントと言うより、優美。なんともしとやかに舌を包み込みます。後半は短めながら、一瞬舌をキュっと締めて収束。な、何?今の?。まるで、テーブルの上では平静を保ちながら、下では足をつんつんされ何か合図されたかのよう。こ、これのことでしょうか?、一時の余韻とは。そして、ふらふらと二杯目を注ぐ。旨いっす。

 藤の花言葉は「優しさ」「恋に酔う」「決して離れない」ですが、確かに優しい酒に酔い伝わってきた心は、決して離れそうもありません。

伝心(でんしん)「純米大吟醸」First Class データ

醸造元 株式会社一本義久保本店(福井県勝山市)
使用米 奥越前産山田錦30%精米
アルコール度 16度以上17度未満
仕込水 霊峰白山伏流水
杜氏 藤原悟(南部杜氏)
製造年月 2015/06
容量 720ml
価格 5,000円(税抜き)
購入 JR名古屋高島屋

伝心(でんしん)「純米大吟醸」First Classに関するリンク

伝心(でんしん)「純米大吟醸」First Class(日本酒ラベル)は後日
株式会社一本義久保本店さんオフィシャルサイト
※1春の地酒まつりin福井(越前・若狭の地酒で乾杯)
※2インターナショナルサケチャレンジ

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事