獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリング

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリング

 クリスマスの夜に飲んだお酒の紹介です。山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリングをいただきました。

 聖夜限定の獺祭(だっさい)磨き二割三分発泡にごり酒と言うわけにはいきませんでしたが、スパークリングってことでいつもよりはクリスマスっぽいです。同時にスパークリング50も飲み比べたので後ほどアップします。

 360mlと量が少なめの割りに価格がちょっとお高めに感じますが、なぜこのような価格帯になったのかの説明が、社長のメールマガジンにしっかり掲載されていました。

 普通の瓶より高価な瓶代もさることながら特殊なキャップ代、その打栓機、シール代とシール機、それによる瓶詰めライン変更など…

 では、なぜそこまでしてこの瓶にこだわったのか?。我々飲み手のことを考えてのことですが、特に日本酒を良く知ってると思ってる人の方がやらかすそうです(笑)。詳しくは、桜井社長のメールマガジンバックナンバー、2009年4月29日をご参照ください。

 さてこのお酒のオフィシャルサイトの商品説明には、

 50のにごり酒の上に味の緻密さ・繊細さを重ねた味わい。

 とあります。味の緻密さ・繊細さはいかに。

 まずは上澄みからいただきました。上立ち香は穏やかで想定していたほどではないが、ほのかにマスカット様の香り。含むと、お、おう。スパークリング!。うすにごりに良くあるピチピチ微炭酸を想定していただけに、結構なシュワシュワ感。スパークリング50より綺麗な分、辛口に感じます。ただでさえ綺麗なのに炭酸で口中は洗われ、シュワが消えたときには収束している。何とも飲みやすい。

 今度はにごり部分も混ぜていただきました。にごりといっても雑味のイメージはなく、また増えたのは甘味でもなく、ほんの少しの舌触りのみ。やはり炭酸主体のすっきり感で早めの収束。

 この日の食事は結構贅沢な霜降りの入った飛騨牛。その脂をすっきりとさせ、尚ドライな印象で締めるのでいくらでも飲めてしまいそうでした。旨いっす。



獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリング データ

醸造元 旭酒造株式会社(山口県岩国市)
使用酵母 蔵内保存酵母
使用米 山田錦39%精米
アルコール度 14度
杜氏 西田英隆(取締役製造部長)
製造年月 2015/10A
容量 360ml
価格 1,550円(税別)
購入 酒泉洞堀一

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリングに関するリンク

日本酒ガイド > 山口県 > 獺祭(だっさい)旭酒造株式会社

旭酒造さんオフィシャルサイト

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分スパークリングに関するブログ

2015/12/30 獺祭(だっさい)「純米大吟醸」発泡にごり酒スパークリング50




↓ 応援クリックお願いいたします。 ↓

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。