信越一覧

夜明け前(よあけまえ)「純米吟醸」金紋錦

 昨晩は長野県の株式会社小野酒蔵店さんが醸す、夜明け前(よあけまえ)「純米吟醸」金紋錦をいただきました。  金紋錦は長野県で昭和三十一年(1956年)に開発されました。金紋錦と言えば、石川県の福光屋さんが思い浮かびます。こ...

久保田(くぼた)「吟醸」生原酒

 昨晩は新潟県の朝日酒造株式会社さんが醸す、久保田(くぼた)「吟醸」生原酒をいただきました。  この生原酒は、千寿スペックの生原酒バージョンとして2010年にリリースされました。かねてから自宅でじっくり飲んでみたいと思って...

夜明け前(よあけまえ)「純米吟醸」しずくどり生一本生酒

 昨晩は長野県の株式会社小野酒蔵店さんが醸す、夜明け前(よあけまえ)「純米吟醸」しずくどり生一本生酒をいただきました。  このお酒は、埼玉の地にて毎月開催される、3,000円までの純米酒をブラインドで評価する会「楽酒之会」...

上善如水(じょうぜんみずのごとし)「純米吟醸」

 昨晩は新潟県の白瀧酒造株式会社さんが醸す、上善如水(じょうぜんみずのごとし)「純米吟醸」をいただきました。  上善如水は、中国の思想家「老子」の「最高の人生のありかたは、水のように生きること」に重ね合わせ、人間の理想的な...

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)

 昨晩は新潟県の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米」扁平精米豊醇無盡無調整生原酒Kasumi(桃ラベル)をいただきました。  タイトルは例によって、扁平精米は割愛させていただいております。精米歩合が非公...

真稜(しんりょう)「純米吟醸」至

 昨晩は新潟県の逸見酒造株式会社さんが醸す、真稜(しんりょう)「純米吟醸」至(いたる)をいただきました。いつみと読んでしまいそうですが、へんみしゅぞうさんだそうです。  下部のリンクにて紹介しておりますが、自分が良く寄る日本酒...

越乃寒梅(こしのかんばい)「普通酒」亀田郷大江山産

 昨晩は新潟県の石本酒造株式会社さんが醸す、越乃寒梅(こしのかんばい)「普通酒」亀田郷大江山産をいただきました。  大江山村は市町村合併前の石本酒造さんの住所で、このお酒はこの地でとれた五百万石のみで醸されています。  これ...

越乃寒梅(こしのかんばい)「純米吟醸」灑(さい)

 昨晩は新潟県の石本酒造株式会社さんが醸す、越乃寒梅(こしのかんばい)「純米吟醸」灑(さい)をいただきました。  「宣伝する金があるなら米磨け」を地で行く越乃寒梅。これまでも50%精米だった超特撰「大吟醸」が30%精米まで磨き...

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡無調整生原酒(赤ラベル)

 昨晩は新潟県の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡扁平精米無調整生原酒(赤ラベル)をいただきました。  タイトル長っ!ってことで、例によって扁平精米は割愛させていただいております。精米歩合が非...

高千代(たかちよ)「純米大吟醸」中取り無調整生原酒(黒ラベル)

 昨晩は新潟県南魚沼市の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米大吟醸」豊醇無盡扁平精米無調整生原酒厳選中取り本生(黒ラベル)をいただきました。  今回もタイトルながっ!ってことで、いろいろ割愛させていただき...

夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BY2本目

 昨晩は長野県の株式会社小野酒蔵店さんが醸す、夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BYをいただきました。  このお酒もコストパフォーマンスがよいので、見つけたら我が家に保護してあげることにしています。春にも飲...

萬寿鏡(ますかがみ)「普通酒」F40(エフヨンマル)

 昨晩は新潟県の株式会社マスカガミさんが醸す、萬寿鏡(ますかがみ)「普通酒」F40(エフヨンマル)をいただきました。旧由紀の酒の日本酒ラベルに掲載されていないので、以前飲んだのは2002年頃と思われるが、赤い円筒形の大吟醸は美味...

あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒

 昨晩は新潟県の阿部酒造株式会社さんが醸す、あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒をいただきました。  一ヶ月以上前に購入したお酒なんですが、他に飲まんといかんお酒が沢山あったので、計らずもここまで引っ張ってしまいました。さす...

山間(やんま)「純米大吟醸」越淡麗

 昨晩は新潟県の第一酒造株式会社さんが醸す、山間(やんま)「純米大吟醸」越淡麗H26BY仕込み13号中採り瓶火入れ無濾過原酒をいただきました。全部つなげると長いっすね。でもこの文言の中にワクワクする要素がいっぱい詰まってます...

越乃雪月花(こしのせつげっか)「純米大吟醸」斗瓶中取り26BY

 昨晩は新潟県の妙高酒造株式会社さんが醸す、越乃雪月花(こしのせつげっか)「純米大吟醸」斗瓶中取り26BYをいただきました。  越乃雪月花という銘柄は、どれを飲んでも非常に美味しいのですが、このブログで紹介するのは何と8年...

夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BY

 昨晩は長野県の株式会社小野酒蔵店さんが醸す、夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ26BYをいただきました。島崎藤村の代表作「夜明け前」との関係は醸造元のオフィシャルサイトにありました。  藤村の父、島崎正樹がたびたび小...

山間(やんま)「純米大吟醸」5号無濾過生原酒

 昨晩は新潟県の第一酒造株式会社さんが醸す、山間(やんま)「純米大吟醸」5号無濾過生原酒をいただきました。前回紹介した山間は、ゴクゴク飲んでしまいそうな炭酸甘旨フレッシュでしたが、はたしてこの山間はどうか?。ちょうど一年ぶりの山間で...

高千代(たかちよ)「純米」豊醇無盡おりがらみ壱火入(青ラベル)

 銘柄の高千代はオフィシャルサイトを参照すると髙千代で(はしごだか)の文字ですが、環境依存文字であること、検索エンジン的には高千代で検索されることが多いことからあえて高千代で表示いたします。またこの豊醇無盡のシリーズは銘柄も「たかち...

高千代(たかちよ)「純米大吟醸」豊醇無盡SummerBlue(吟ラベル)

 昨晩は新潟県南魚沼市の高千代酒造株式会社さんが醸す、高千代(たかちよ)「純米大吟醸」豊醇無盡SummerBlue(吟ラベル)扁平精米無調整夏生原酒をいただきました。タイトルながっ!ってことで、扁平精米うんたらかんたらは割愛させてい...

山間(やんま)「特別純米」6号かめ口直詰め生原酒

 昨晩は新潟県の第一酒造株式会社さんが醸す、山間(やんま)「特別純米」6号かめ口直詰め生原酒をいただきました。念願叶ってようやく自宅でじっくり飲むことができます。思い起こせば4~5年前、初めてこの銘柄に出会って、「何てフレッシュジュ...

清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁23BY

 昨晩は新潟県の久須美酒造株式会社さんが醸す、清泉(きよいずみ)「純米大吟醸」亀の翁をいただきました。漫画「夏子の酒」のモデルとなったことでも知られるこのお酒は、文字通り由紀の酒-日本酒談義-の始まるきっかけとなったお酒です。 ...

〆張鶴(しめはりつる)「純米吟醸」純

 昨晩は新潟県の宮尾酒造株式会社さんが醸す、〆張鶴(しめはりつる)「純米吟醸」純をいただきました。フルネットさんの贅沢5本セット販売のレポート第5段です。純米吟醸部門第一位です。以前自宅で飲んだ〆張鶴は?ってことで調べてみると2002年...

夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけ

 昨晩は長野県の株式会社小野酒蔵店さんが醸す、夜明け前(よあけまえ)「特別本醸造」辰の吟なまざけをいただきました。自宅で飲むのは10年ぶりかな?。スーパー本醸造の呼び声高いお酒の一つとして知られているお酒です。スペックを見ただけでも...

明鏡止水(めいきょうしすい)「大吟醸」

 昨晩は長野県の大澤酒造株式会社さんが醸す、明鏡止水(めいきょうしすい)「大吟醸」をいただきました。  上立ち香は心地よく穏やかにバナナのように香ります。お?明鏡止水でバナナ♪。  含むと、心地よくすっきりと鼻に抜ける果実味。じわじ...

澤の花(さわのはな)「大吟醸」うすにごり生せめ一雫

 先日飲んだお酒の紹介です。長野県の伴野酒造株式会社さんが醸す、澤の花(さわのはな)「大吟醸」うすにごり生せめ一雫をいただきました。  上立ち香は心地よく華やかでラムネ様に香ります。含むとジューシーな甘味をプチプチとした炭酸で...

越乃寒梅(こしのかんばい)「大吟醸」特醸酒

 昨晩は新潟県の石本酒造株式会社さんが醸す、越乃寒梅(こしのかんばい)「大吟醸」特醸酒をいただきました。由紀の酒-日本酒談義-の※2008年日本酒ランキングで十四代を抑え堂々の一位となった銘柄の最高峰のお酒です。  上立ち香は...

信濃鶴(しなのつる)「純米」

 昨晩は長野県の酒造株式会社長生社さんが醸す、信濃鶴(しなのつる)「純米」をいただきました。  上立ち香は心地よくバニラのように香ります。含むと優しい甘味。軽い加水感ながら限界ぎりぎりまで炊いたご飯をもぐもぐしていた時に出てき...

仙人蔵(せんにんぐら)「純米吟醸」

 昨晩は長野県の株式会社仙醸さんが醸す、仙人蔵(せんにんぐら)「純米吟醸」をいただきました。前評判なしに父が購入してきた代物です。チャレンジャー。裏ラベルには、ひとごこち50%精米の表示が!、埼玉のお酒でひとごこちにはいい印象。楽し...

斬九郎(ざんくろう)「特別純米」生酒

 昨晩は長野県の合資会社宮島酒店さんが醸す、斬九郎(ざんくろう)「特別純米」生酒をいただきました。ラベルの和紙も手漉きの粗野な感じが、お酒をイメージさせてくれます。  うっすらと緑黄に色づく。上立ち香は非常に穏やかで、コックリ...

明鏡止水(めいきょうしすい)「純米大吟醸」

 昨晩は長野県の大澤酒造株式会社さんが醸す、明鏡止水(めいきょうしすい)「純米大吟醸」をいただきました。明鏡止水とは、曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。以前飲んだ明鏡止水の斗瓶取りは、ま...