東長(あづまちょう)「大吟醸」

シェアする

東長(あづまちょう)「大吟醸」

 昨晩は佐賀県の瀬頭酒造株式会社さんが醸す、東長(あづまちょう)「大吟醸」をいただきました。このお酒は北海道からのお客様ぐらすさんからの差し入れです。感謝。東長の名前の由来はアヅマの国のオサ(東洋の王者)から来ているそうです。

 上立ち香は、心地よくメロンのように香ります。含むと、ちょうど水槽に手を入れると、オトシンクルス(小魚)が肌に吸い付くかのような穏やかな感触の甘味から、徐々に辛口の表情を見せ、スッキリと切れていく。体の中の良からぬものが、ジョジョビジョバー、ジョビジョバーと出て行く感じ。いや~旨いっす。



東長(あづまちょう)「大吟醸」 データ

醸造元:瀬頭酒造株式会社(佐賀県藤津郡塩田町)
使用米:佐賀県産山田錦35%精米
使用酵母:協会9号
日本酒度:+4
酸度:1.4
アミノ酸度:1.0
アルコール度:17.0~17.9
瓶詰:2005/11
720ml 5,250円
購入・・・かどや酒店

東長(あづまちょう)「大吟醸」に関するリンク

東長(あづまちょう)「大吟醸」(日本酒ラベル)
瀬頭酒造株式会社さんオフィシャルサイト

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事