あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒

シェアする

あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒

 昨晩は新潟県の阿部酒造株式会社さんが醸す、あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒をいただきました。

 一ヶ月以上前に購入したお酒なんですが、他に飲まんといかんお酒が沢山あったので、計らずもここまで引っ張ってしまいました。さすがに夏酒ってことで、これ以上はひっぱれんと思い開栓しました。

 次期6代目蔵元の阿部裕太氏のブログには、「冷蔵庫に半年弱寝かしたことで思ったより丸くなりました。夏酒にありがちな薄いテイストではなく、ロックで飲んでも良いような濃い味わいです。」とあります。楽しみです。

 上立ち香は…ぐわっ!、清酒の枠組みのつもりでいると驚きます。ハードリカーを彷彿させる、華やかでコク甘な香り。含むと、おお、まさに香りからつながるコク甘は、粘度を感じさせるようにトロリと舌を包み込みます。おそらくアル添でないと出ないであろうと思わせる独特のフレーバー、そして円み。穀物っぽさがどこかで顔を出しそうだがギリギリで踏みとどまり、厚みだけを楽しませてくれます。「五百万石の濃醇とはこういうものですよ。」と教えていただけました。

 次に夏らしく、お勧めのロックでもいただいてみます。そうです!夏なんです(笑)。吟醸グラスに半分ほどだったこともありヘッドスペースがある分、芳香族感を感じさせる香り。含むと、トロ甘なイメージは踏襲しつつも爽やかさが出てくるところが不思議です。ロックもいいですね~旨いっす。

 半年の生々熟成とのことでしたが、この状態から瓶火入れし冷蔵で5年くらい寝かせたら、この円みがさらに円熟の時を迎えてとてつもなく面白くなりそう。これだけの個性を放ちながらも、まださらに未来の可能性すら感じさせてくれるお酒でした。

あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒 データ

醸造元 阿部酒造株式会社(新潟県柏崎市)
使用米 五百万石57%精米
日本酒度
酸度 1.9~2.0
アルコール度 19度
仕込水 米山山系伏流水(軟水)
杜氏 阿部庄一(兼蔵元)
製造年月 2015年7月
容量 720ml
価格 1,500円(税抜き)
購入 株式会社カネセ商店

あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒に関するリンク

日本酒ガイド > 新潟県 > あべ 阿部酒造株式会社
阿部酒造株式会社さんオフィシャルサイト(2016/09/06リンク切れを確認)

あべ「吟醸」夏の吟ふなしぼり生原酒に関するブログ

次期六代目蔵元の仕事と学び > あべシリーズ 夏の吟
呑みあゆみ > あべ 夏の吟

Powered by Google

↓ぽちっとお願いいたします。


日本酒ランキング

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

この記事を気に入っていただけましたら、拡散(シェア)いただけると嬉しいです。

シェアする

フォローする

関連記事