2016

お勧めの日本酒

由紀の酒 Best of the year 2016

 由紀の酒-日本酒談義-管理人が勝手に選ぶ、由紀の酒 Best of the year。2016年に自宅で飲んだお酒の中でもっとも心に残ったお酒を紹介いたします。尚、非売品のようなお酒や殿堂入りしているお酒はノミネートからははずれております...
2,500円以上4,000円未満

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬(いかき)採り

 昨晩は奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂笊籬(いかき)採りをいただきました。笊籬(いかき)採り2種、しぼり華2種の4本を同時購入することができましたので、順に紹介していくシリーズ第三弾です。...
2,000円以上2,500円未満

風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華

 昨晩は奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米」秋津穂しぼり華をいただきました。笊籬(いかき)採り2種、しぼり華2種の4本を同時購入することができましたので、順に紹介していくシリーズ第二弾です。  四合...
10,000円以上

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒

 昨晩は山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き二割三分発泡にごり酒をいただきました。  これまでクリスマス(聖夜)限定とされてきた磨き二割三分の発泡にごり酒が、通年商品となって登場しました。もちろ...
2,500円以上4,000円未満

風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華2016BY

 昨晩は奈良県の油長酒造株式会社さんが醸す、風の森(かぜのもり)「純米大吟醸」秋津穂しぼり華2016BYをいただきました。  このブログでも14BY、24BY、25BY(BYとはBrewery Yearで醸造年度のこと。)と三...
4,000円以上6,000円未満

東一(あづまいち)「大吟醸」

 昨晩は佐賀県の五町田酒造株式会社さんが醸す、東一(あづまいち)「大吟醸」をいただきました。  東一が強烈に飲みたくなったので、とびっきり4本を順に紹介していくシリーズ第四弾です。  このスペックに近いものとして、※1.東一...
日本酒ブログランキング

日本酒ブログRSS購読数ランキング2016

 この記事は2016年12月にUPしたものです。最新の日本酒ブログRSS購読数ランキングは下記リンクを参照ください。 日本酒ブログRSS購読数ランキング2017 日本酒ブログRSS購読数ランキングです。feedlyの購読者数を調べてラ...
4,000円以上6,000円未満

東一(あづまいち)「純米大吟醸」

 昨晩は佐賀県の五町田酒造株式会社さんが醸す、東一(あづまいち)「純米大吟醸」をいただきました。  東一が強烈に飲みたくなったので、とびっきり4本を順に紹介していくシリーズ第三弾です。実は雫搾りはよく飲んでいたのですが、お値打...
10,000円以上

東一(あづまいち)「純米大吟醸」雫搾り斗瓶貯蔵酒

 昨晩は佐賀県の五町田酒造株式会社さんが醸す、東一(あづまいち)「純米大吟醸」雫搾り斗瓶貯蔵酒をいただきました。  東一が強烈に飲みたくなったので、とびっきり4本を順に紹介していくシリーズ第二弾です。先日紹介した東一(あづまい...
6,000円以上10,000円未満

東一(あづまいち)「大吟醸」雫搾り斗瓶貯蔵酒

 昨晩は佐賀県の五町田酒造株式会社さんが醸す、東一(あづまいち)「大吟醸」雫搾り斗瓶貯蔵酒をいただきました。  由紀の酒-日本酒談義-が始まった、2002年のBest of the yearにもなっている東一。それだけに、これ...
10,000円以上

花垣(はながき)「大吟醸」究極の花垣

 昨晩は福井県の有限会社南部酒造場さんが醸す、花垣(はながき)「大吟醸」究極の花垣H27BYをいただきました。  いつも豊盃を購入している一宮の酒販店ハヤシヤさんで売っているのを見つけ、久しぶりに飲んでみたいなぁと思ったのです...
2,500円以上4,000円未満

英君(えいくん)「純米」愛山ノ山廃

 先日飲んだお酒の紹介です。静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米」愛山ノ山廃をいただきました。  なぜいつもの書き出し「昨晩は…」ではないのか?。それは瞬殺してしまったからです。4GBで購入して失敗した!...
10,000円以上

蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」魔訶(まか)

愛知県の関谷醸造株式会社さんが醸す、蓬莱泉(ほうらいせん)「純米大吟醸」魔訶(まか)を飲んだ感想。微笑ましいまでのピュアな笑顔をふりまく。こ、これは!。「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス2016・天使のくれた奇跡Ⅲ」に出てくる森崎美月ちゃんだ!。まさに天使!、それほどまでにピュア。
価格別

奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BY

 昨晩は福島県の夢心酒造株式会社さんが醸す、奈良萬(ならまん)「純米吟醸」H7BYをいただきました。  このお酒は先日の岡山遠征時に呼松酒店?に寄らせていただき、道中で飲ませていただくお酒用にと見繕っていただいた中の一本です。...
6,000円以上10,000円未満

陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」

 昨晩は青森県の八戸酒造株式会社さんが醸す、陸奥八仙(むつはっせん)「大吟醸」をいただきました。  八戸酒造さんは、1775年(安永4年)の創業。大正年間に建設された蔵は、文化庁より有形文化財に登録されています。来年早々に見せ...
6,000円以上10,000円未満

陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い40

 昨晩は青森県の八戸酒造株式会社さんが醸す、陸奥八仙(むつはっせん)「純米大吟醸」華想い40をいただきました。  このところお気に入りの陸奥八仙です。その中でも今回紹介するお酒は、華想いと言う酒米を40%まで磨き上げた純米大吟...
4,000円以上6,000円未満

獺祭(だっさい)「普通酒」等外23

山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「普通酒」等外23を飲んだ感想。しっとりと、しみじみと旨い。この優しい甘味、これは!、にじみ出てくる野菜の甘味だ!、時間が経つと消えてしまう。もう少し強ければ屋守に通じるような…。しかし儚いからこその獺祭か。
2,500円以上4,000円未満

獺祭(だっさい)「普通酒」等外

山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「普通酒」等外を飲んだ感想。ひっかかりなく喉を流れていく様は、まさに銀の電気抵抗。通常商品の50を上回るように、金の電気抵抗を凌駕する。しかし酸化には気を付けてねと言ったところか。
4,000円以上6,000円未満

一ノ蔵(いちのくら)「発泡清酒」すず音Wabi(わび)

 昨晩は宮城県の株式会社一ノ蔵さんが醸す、一ノ蔵(いちのくら)「発泡清酒」すず音Wabi(わび)をいただきました。  っと、飲む前に撮影タイム!。これまた、花めくすず音同様に簡単ではありません。瓶の透明度を表現したい由紀の酒従...
2,500円以上4,000円未満

澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米吟醸」守破離(しゅはり)雄町

 昨晩は京都府京都市伏見区の松本酒造株式会社さんが醸す、澤屋まつもと(さわやまつもと)「純米吟醸」守破離(しゅはり)雄町をいただきました。  飲みたかった守破離(しゅはり)シリーズということで、「純米」守破離(しゅはり)五...
2,500円以上4,000円未満

真稜(しんりょう)「純米吟醸」至

 昨晩は新潟県の逸見酒造株式会社さんが醸す、真稜(しんりょう)「純米吟醸」至(いたる)をいただきました。いつみと読んでしまいそうですが、へんみしゅぞうさんだそうです。  下部のリンクにて紹介しておりますが、自分が良く寄る日本酒...
2,500円以上4,000円未満

南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろし

 昨晩は岩手県の株式会社南部美人さんが醸す、南部美人(なんぶびじん)「純米吟醸」ひやおろしをいただきました。  実は南部美人に、この純米吟醸ひやおろしがあることを知りませんでした。いつから出ていたんだろう?。  通常の火入れ...
2,000円以上2,500円未満

越乃寒梅(こしのかんばい)「普通酒」亀田郷大江山産

 昨晩は新潟県の石本酒造株式会社さんが醸す、越乃寒梅(こしのかんばい)「普通酒」亀田郷大江山産をいただきました。  大江山村は市町村合併前の石本酒造さんの住所で、このお酒はこの地でとれた五百万石のみで醸されています。  これ...
4,000円以上6,000円未満

獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲み無濾過生原酒

 昨晩は山口県の旭酒造株式会社さんが醸す、獺祭(だっさい)「純米大吟醸」磨き三割九分槽場汲み無濾過生原酒をいただきました。  獺祭の無濾過生原酒の出荷は、この槽場汲みのみと発表されているので、春と秋の年2回一部の酒販店さんのみ...
2,500円以上4,000円未満

廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」

福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「特別純米」を飲んだ感想。先ほどの穏やかなたたずまいとは打って変わって、旨みが突進してきます。最初から全弾フルスイングかよ。やってくれるぜ。物足りないとばかりに突進は止まらない。小刻みに左右に体をスイング。幅のある動きだ。
2,500円以上4,000円未満

廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」

福島県の松崎酒造店さんが醸す、廣戸川(ひろとがわ)「純米吟醸」を飲んだ感想。来たぁ~、これまた程よい甘味が、ほどほどにほどけます。飲み手との間合いを計っているかのようなリードジャブ。「こんなジャブでは、物足りねーぜ!。」と踏み込もうとすると、何かを狙っているような目の奥の光。
2,500円以上4,000円未満

雁木(がんぎ)「純米」ノ壱無濾過生原酒

 昨晩は山口県の八百新酒造株式会社さんが醸す、雁木(がんぎ)「純米」ノ壱無濾過生原酒をいただきました。  ※1.雁木(がんぎ)「純米吟醸」無濾過生原酒を飲んでから、すっかりファンになってしまった筆者です。しかし、残念ながらいつ...
2,500円以上4,000円未満

結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒

茨城県の結城酒造株式会社さんが醸す、結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒を飲んだ感想。綿菓子の甘味のように、口中でなくなっていく様が実に面白い。最近飲んだ中ではもっとも甘い部類に入るが、ガス感も手伝ってか?、後半の切れ上がりも見事です。
2,500円以上4,000円未満

英君(えいくん)「純米」ゴクゴク純米14

 先日飲んだお酒の紹介です。静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「純米」ゴクゴク純米14をいただきました。  酒販店さんの情報によると、仕込段階でグルコース濃度を高く保つことで、低アルコールにしても日本酒本来の...
2,000円以上2,500円未満

鬼作左(おにさくざ)「純米」山田錦ひやおろし

 昨晩は福井県の久保田酒造合資会社さんが醸す、鬼作左(おにさくざ)「純米」山田錦ひやおろしをいただきました。この商品は父の友人がお土産に買ってきてくれたものです。感謝♪。  鬼作左(おにさくざ)についてはラベルや箱書きにありま...